-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-02-19 11:56 | カテゴリ:アニメ
春は別れの季節と申します。
わたくしの働く職場でも人事異動で何人かの仲間との別れがありました。

そんな寂しい時期になると、ふと思い出します。青春時代に体験した悲しい別れを。

毎晩毎晩学校の勉強そっちのけで、深夜ラジオを聴きながら雑誌投稿用のイラストや同人誌の原稿を書きなぐっていた高校時代。
人生のギアをバックに入れ、どんどん取り返しの付かない方向に全力疾走していた青春時代の暴走ぶりを。

さて、そんなダメ高校生ライフをエンジョイしていた1987年に(個人的に)大ショックな出来事がありました。

番組改変期によってマイフェイバリットだった番組が次々と終了してしまったのです。

その数、延べ4タイトル。インターネットもケータイも無い時代に、インドア少年の心の拠り所であるアニメ番組やラジオ番組が立て続けに終了していく絶望感と虚脱感、少しでもわかって頂ければ幸いです。

■赤い光弾ジリオン
「キャプテン翼」「聖闘士星矢」に代表される「やおい」ブームの真っ只中、おもちゃの販促アニメという事で当時は大した注目もされずに開始されたSFアクションアニメ。
生き生きとしたキャラクター描写と熱いストーリーが大変素晴らしく、個人的に5本の指に入る名作アニメです。入江純氏作曲のBGMも大変素晴らしいですね。


放映開始当初はキャラクター設定に「リメイク版ウラシマン」の雰囲気が強く、大して注目もせずに「笑っていいとも!増刊号」とザッピングしながらダラダラ視聴していたのですが、いつしか本作の魅力に気付いてからはどっぷりハマる事となりました。
(アニメ) [DVD] 赤い光弾ジリオン 第17話 「涙!JJをさがせ」(640x480 WMV9 24fps LameVBR).avi_001251084
(アニメ) [DVD] 赤い光弾ジリオン 第16話 「生か死か!?宿命の対決[後編]」(640x480 WMV9 24fps LameVBR).avi_001237445
(アニメ) [DVD] 赤い光弾ジリオン 第31話 「勝利のラストシュート」(640x480 WMV9 24fps LameVBR).avi_000562228

番組中期「激闘編」からの展開は熱いの一言。原作モノじゃないだけに先の展開が読めず、次週の放送がこれほど待ち遠しいアニメもありませんでした。


ちなみにタツノコプロの経営が傾いていた時期に作られたせいもあり、当時の一般的な予算の6割程度しか制作に使えなかったそうで、スタッフが「タツノコ始まって以来の動画枚数制限で思ったように動かせませんでした。おかげで本編中使った鉛筆は一本で済みました」という生々しい暴露話もありました。その割に作画レベルも高く、派手なアクションシーンが多いのはスタッフのセンスと力量の賜物なのでしょう。

■レディレディ!
当時放映していたアニメ版「めぞん一刻」の内容に見切りを付け出していた頃、裏番組を試しに見てみたところ、どっぷりハマってしまったアニメ。おかげで当時録画しただけで見返す事もしなかった「めぞん」を切捨てて「レディレディ!」の録画・再観賞がわたくし的アニメライフの定番となりました。

「キャンディキャンディ」「小公女セーラ」の流れを汲む「逆境に耐える少女の成長アニメ」なんですが、未だにDVDはおろかTVシリーズのビデオすら出ていないという不遇のアニメでもあります。

>(アニメOP)1987_レディレディ!!_OP_「LADY」.mpg_000011911
(アニメOP)1987_レディレディ!!_OP_「LADY」.mpg_000030930


作画レベルもばらつきはあるものの基本的には安定してレベルは高く、コズミックファンタジーで一躍有名になった越智一裕氏(キャラクターデザインも氏によるもの)が作画監督を務めた回は非常にレベルの高いものでした。個人的に氏のキャラクターデザイナーとして最高傑作品だと思いますがどうでしょうか。

意地悪な継母モードリンと連れ子のトーマス、メアリにあの手この手で虐げられまくる主人公リン・ラッセルの健気さは室井深雪(現・深雪さなえ)さんの熱演も相まって大いに感情移入させられました。セーラ・ラッセル役の本多千恵子さんの熱演も良かったなあ。
lady lady 20.flv_000008733

ちなみに18話のセーラはツインテールの髪型と相まって特筆モノの可愛らしさでした。本多千恵子さんの「泣き」演技の上手さが光ります。
lady lady 19.flv_000091767


ちなみにウィバリー一家の底意地の悪さは特筆モノでして、実在するなら本気でブン殴りたいと思えるほどの憎たらしさでした。特にモードリンの糞ババア。亀頭みたいな髪型はちょっぴり笑えましたが。
lady lady 20.flv_000011933

lady lady 19.flv_000256167
lady lady 19.flv_000463700
lady lady 19.flv_000512033


なお、ストーリー自体は極めてヘビーで救いの無い展開が続く事が多く、見終わった後の沈んだ気持ちを切り替える為に「アフターバーナー」のサントラをよく聴いていたものでした。



■今夜はそっとくりぃむレモン
当時大ヒットしていたアダルトアニメ「くりいむレモン」から派生した深夜ラジオ番組。

放送開始当初は「ちょっとエッチなラジオ番組」色が濃かったのですが、放送中期より「媚・妹・BABY」「亜美・AGAIN」のストーリー補完の意味合いが濃くなりました。その内容は「義理の兄を愛してしまったがゆえの苦悩をラジオドラマ形式で語る」といったもので、その哀しくも切ない内容はテーマソングの「優しくて哀しくて」(大西結花のカバー曲)と及川ひとみさんの名演もあり大変出色の出来でした。
kenny g - sounds of silence _ ami iii  ami image.flv_000021481



ちなみに小説版の「旅立ち~亜美・終章」もよく出来ており、こちらもオススメ。…って、とっくに絶版ですけどね。
ami_novel.jpg

番組に投稿されるハガキもリスナーの恋の悩みや人生相談の類いが多く、当時悩み多き少年だったわたくしも、この番組に随分励まされたものです。親に隠れて布団の中でこの番組を聴くのが定番スタイルだったのですが、土曜深夜2時30分という放送時間は正直相当にキツく、寝過ごして聞き逃してしまう事もしばしばでした。
うっかり聞き逃した時の絶望感といったら、もう…
radio_ami_s.jpg


ちなみに満を持してリリースされたシリーズ3作目「亜美III」、何をトチ狂ったか劇場公開までされた「旅立ち~亜美・終章」やそれ以降のグダグダ続編は個人的に無かった事にしたい黒歴史シリーズです。

■古舘伊知郎の赤坂野郎90分
前述の「今夜はそっと…」を聴く為にエアチェックしていた土曜の夜9時頃、偶然にも及川ひとみさんが匿名でレギュラー参加していたラジオ番組。その内容はリスナーとイメクラプレイをするような内容でして、一般リスナーがキョドりながらクサい台詞を吐くのは爆笑モノでしたね。

生放送で「亜美ちゃん」とテレホンセックスもどきをするという危険な内容は、明らかに今では放送不可能必至です。ちなみに何度か電話の向こうでハイパーセルフプレジャーに励んでしまうリスナーも多く、「亜美ちゃん…亜美…ウウッ!…ぼふーぼふー(鼻息)」という不届き者もおりました。

この出演したリスナーも、現在では所帯持ちの可能性もあり、うっかり家族に知られでもしたら家庭崩壊クラスの大惨事になる事必至ですね。
さてさて、いかがだったでしょうか。…と、ここまで記事を書き上げて、気分転換にネット散策をしていると気になる記事が。

くりいむレモン1 帰ってきた亜美
倉田 悠子 著

定価924円(本体880円)
ISBN 978-4-309-01854-6 ● Cコード 0093 ※未刊



「お兄ちゃん、亜美を助けて!」。伝説の美少女アニメ「くりいむレモン」シリーズノベライズ版、衝撃の復活第一弾! 兄と妹との禁断の恋の行方は? オリジナル・イラスト満載!


…20年以上経過した現在にまだ新作をリリースしやがりますか。

以前のエントリーでも紹介したように、どれだけ亜美ちゃんを使い続ける気なんでしょうかね。いい加減にして欲しいものです。

え?…予約しましたよもちろん。当たり前じゃないですか。

世話になった女には義理を返す俺、超カッコいい!

けど、その対象が二次元のエロアニメ。俺、超カッコ悪い!


スポンサーサイト
2008-02-13 00:37 | カテゴリ:ゲーム
前回のエントリーが異常な好評を博してしまったせいで、やってみました第二弾。

どうでもいいけど、あの記事だけブログ拍手が40オーバーってどういう事なんだ。

まあいいや、皆の待ち焦がれたPCエンジンを彩ったソフトエロシーンの雨あられ、とくと御覧あれ。
(※画像群はわたくしの「ご褒美画像フォルダ」より抜粋しましたので、どこかの転載が沢山あると思います。平にご容赦下さいまし。)

■ワンダーモモ
アーケードで名作ゲームを多々リリースしたナムコから突如発売されたおビョーキアクションゲーム。これを皮切りに「フェリオス」「バーニングフォース」とギャル色の濃いゲームがポコポコ作られましたなあ。

このゲームと「妖怪道中記」のおかげでPCエンジンソフトのソフトエロ描写の緩さが浮き彫りになった感があり、ある意味エポックメイキング的な作品ではありました。
momo02.jpg
momo04.jpg


■麻雀学園・東間宗四郎登場
アーケード版ほどの過激さは無いものの、当時としてはこのタイトルが移植される事に物凄い衝撃が走ったものでした。
初回特典に「お米ができるまで」という意味不明の実写ビデオが付いて来たり「コンティニューしたいのならIボタンを押してみなさい」というメッセージから漂う狂気は一体誰のセンスなんでしょうか。


[TV] 大竹まことのただいま!PCランド 第xxx回 トランポリン編.mpg_001162895

※ちなみに下の画像は「ただいま!PCランド」で紹介された時のもので、製品版と背景が違います。ベータ版ではもっと脱いでたのかも知れませんね。


■麻雀覇王伝カイザーズクエスト
NMKのお家芸である「可愛らしいキャラクターの寸劇」や可愛らしいグラフィックとは裏腹に、発狂したゲームバランスはNMKらしいというか何というか。
当時一日ブッ通してプレイしてもクリア出来なかった嫌な思い出が頭をよぎります。
14.jpg
16.jpg
KZ05.jpg
KZ12.jpg


■コブラII
PCエンジンCD-ROM2初期を飾った大作アドベンチャーゲーム。原作の雰囲気そのままにセクシーな美女目白押しでございます。
原作者の強い要望でコブラの声優さんは山田康夫さんになったのですが、個人的には野沢那智ボイスが一番しっくり来るなあと。
松崎しげる?あれは黒歴史です。
PCE コブラII ダイジェスト(再編集版).flv_000186900
PCE コブラII ダイジェスト(再編集版).flv_000099433


■ブロウニング
ビジュアルシーンに精力の8割を注ぎ込んだようなしょっぱいゲーム性はいつものテレネットクオリティですが、オープニングからヒロインと主人公のベッドシーンがありました。
ところでMEGA-CDで発売されるはずの「銀河鉄道999」はいつ立ち消えになったのでしょうか。もうかれこれ10年以上待っているのですが。
BLOW01.jpeg
BLOW02.jpeg
BLOW03.jpeg


■ゼロヨンチャンプ
■ゼロヨンチャンプ2

肝心のゼロヨン自体の面白さもさる事ながら、豊富なミニゲームとお遊び要素満載の作りが多くのファンを獲得した人気シリーズです。
3作目以降は発売プラットフォームをスーパーファミコンに乗り換えたんですが、ゲーム性の面白さはさておき御褒美シーンが壊滅状態になってしまったのは残念でしたね。
ゼロヨンチャンプ 小ネタ.flv_000109066
04-2.jpg
ゼロヨンチャンプ2 Part.4「こんなものであなたを騙そうとしたなんて」.flv_000601900
04_2_TAKUHAI.jpg


■天外魔境II・卍MARU
■風雲カブキ伝

名作RPGにして多くのファンを獲得した人気シリーズ。それでもちゃっかりサービスシーンがあるのは流石ですね。
「天外II」はゲームキューブ・PS2に移植されましたが、「白銀城での名シーン」に自主規制が入っているのでオススメできません。
(PCE) 天外魔境II 久しぶりにクリアまでプレイしてみる part.07.flv_000628862
OKUNI01.jpg
OKUNI02.jpg
OKUNI03.jpg


■スターパロジャー
コナミの「パロディウスだ!」の影響を受けて作られたと思われるおちゃらけシューティングゲーム。ゲームバランスや技術力等、見るべき部分は多々ありますが、ボーナスステージでやっちゃってます。
ちなみにボイスは久川綾さん。セーラーマーキュリーに萌え萌えだったわたくしは、当時大変お世話になりました。
[PCE] スターパロジャー.flv_000029463


■魔物ハンター妖子
久川綾ボイスで思い出したのでついでに。OVAと連動して当時ゲーム雑誌でそれなりにプッシュされていましたが、全然話題になりませんでしたね。PCエンジン版のビジュアルノベルとは裏腹に、メガドライブ版は非常に硬派なアクションゲームでして、クリアするのに相当難儀した記憶しかございません。エンディングが超ショボいんだよな、アレ。
YOUKO.jpg



■ウルトラボックスシリーズ
「動いて喋るCD-ROM雑誌」という触れ込みでリリースされたミニゲーム&情報ディスク。
コンパイルから出ていた「ディスクステーション」みたいなものと言えばお解かりでしょうか。
割とブッ飛んだセンスで構成された企画と、おバカなミニゲームは個人的にお気に入り。
バカバカしいミニゲームでもギャルの脱衣という御褒美が付くだけでモチベーションが全然違ってくるのは男の性ゆえでしょうか。
PC-Engine CD-ROM2&SCD:サウンドコレクション Vol.①-3 【さけ茶漬け】.flv_000269333
PC-Engine CD-ROM2&SCD:サウンドコレクション Vol.①-3 【さけ茶漬け】.flv_000581267
PC-Engine CD-ROM2&SCD:サウンドコレクション Vol.①-3 【さけ茶漬け】.flv_000641033


■夢幻戦士ヴァリス
PCエンジンでリリースされた順番が2→3→4→初代とヘンテコな順序になってしまいましたが、根強いファンの多いシリーズ。80年代ビキニアーマーヒロインブームを知らない世代の人には「なんだこりゃ」という感想を抱くかも知れませんが、当時はこういうのがナウかったんだよ!(死語)
ちなみにハード性能のおかげでメタメタな内容になってしまったファミコン版とMSX版は黒歴史。エロゲーになってしまった「ヴァリスX」はもっと黒歴史。
【PCエンジン】夢幻戦士ヴァリス OP動画.flv_000064230
【PCエンジン】夢幻戦士ヴァリス OP動画.flv_000066966


■トップをねらえ! 
ご存知ガイナックスの誇る名作OVAをベースにしたデジタルコミック。ハードの特性上仕方が無いのですが、ぶっちゃけアニメを観た後だとプレイする必要性はほとんど無いと思います。
開発陣もそれを承知していたのか「野球拳」をおまけに盛り込む狂いっぷり。

まあ、ガイナックス自身も「電脳学園3」で脱衣クイズにしていたのですからどっちもどっちという気もしますが。
「琥珀色の遺言」「マンハッタン・レクイエム」等の本格派アドベンチャーを多々輩出したリバーヒルソフトのファンとして少々悲しい気持ちになったのはわたくしだけでしょうか。
PCE トップをねらえ! GunBuster エロ野球拳.flv_000084440


さてさて、いかがだったでしょうか。正規発売ソフトでこれだけのフリーダムな描写が許されていた古き良き時代を懐かしく思いつつ、PCエンジンCD-ROM2を代表するシューティングゲームに咲き乱れる素敵な裸体をご紹介して今回のエントリーを締めくくりたいと思います。
メサイヤ 超兄貴 ノーミスオールクリア‐ニコニコ動画(RC2).flv_000061728
メサイヤ 超兄貴 ノーミスオールクリア‐ニコニコ動画(RC2).flv_001315015
メサイヤ 超兄貴 ノーミスオールクリア‐ニコニコ動画(RC2).flv_001324055


…いやホントすみませんでした。
2008-02-08 23:20 | カテゴリ:ゲーム
※本エントリーのタイトルはさざなみ壊変さんのご紹介記事より思い付きました。いつもありがとうございます。

今を遡る事21年前の1987年に一つのゲーム機が発売されました。

その名をPCエンジンと言い、その卓越した性能はファミコンの性能に不満を抱き始めていたゲーマーを一躍虜にしていきました。
fc_lilia.jpeg

▲ファミコン版「イースII」のリリアさん
イースII OP PCエンジン海外版‐ニコニコ動画(RC2).flv_000203750

▲PCエンジンCD-ROM2版「イースI・II」のリリアさん

当時のアーケードゲームで絶大な人気を誇っていた「R-TYPE」のタイムリーでレベルの高い移植や「THE功夫」の巨大なキャラクターで発売と同時にゲーマーのハートをガッチリキャッチし、一躍人気ハードとしての地位を確立しました。
1990年代中期までコアなファンに支えられながら息長く愛され続けた名ハードと言えるでしょう。

オプションのCD-ROM2を接続する事によってビジュアル・サウンド・ゲームのボリュームの全てが他機種と比較しても桁違いのスケールにパワーアップするのも特筆すべき事項でして、本ハードの性能無くして「スナッチャー」「スプリガンmarkII」「天外魔境II 卍MARU 」等の名作ゲームは実現不可能であったと思われます。
PCE コブラII ダイジェスト(再編集版).flv_000447300
スプリガンマーク2 リ・テラフォームプロジェクト 第1話.flv_000416040
PCE天外魔境2 なんとなくプレイその64.flv_000643042
Snatcher - Randam Hajile - PC Engine.wmv_000250600


…さて、そんなお堅い前置きは置いておきまして。

PCエンジンのもう一つの特徴と言えば「家庭用ゲーム機にあるまじきエロ描写に対する規制の甘さ」でして、その姿勢はハード発売初期のソフトから現れておりました。

例えば「妖怪道中記」ではアーケード版3面の「竜宮城で人魚の踊り」が何故か「乙姫様自らストリップショーを披露する」といった狂ったパワーアップが図られており、中期にはあの「麻雀学園」が移植される程でした。(これはさすがに過激度控え目の「麻雀学園2」をベースにしたアレンジ移植に留まりましたが)
ゲームセンターCX #36 「納涼&お色気「妖怪道中記」」 (640x480 DivX5.02).avi_001382215
otohime.jpg
ゲームセンターCX #36 「納涼&お色気「妖怪道中記」」 (640x480 DivX5.02).avi_001392058


そして1990年頃になって来ると、何タイトルかの移植ソフトが後のPCエンジンCD-ROM2の方向性を位置づけるアレンジ移植を行いました。

それは「ゴールデンアックス」「ヘルファヤーS」です。

方や移植技術の低さゆえかゲーム性のヘッポコぶりを無駄に豪華なビジュアルシーンで誤魔化すといったダメ移植を。
PC Engine Gaming_ Golden Axe.wmv_000032866

▲PCエンジン版

Golden-Axe.jpg

▲メガドライブ版

そしてもう一つは「硬派なシューティングだけでは訴求力不足なので、ギャルビジュアルを全面に押し出す」というものでした。(ゲームそのものは普通に遊べる)
ヘルファイアーS OP.flv_000167367
ヘルファイアーS OP.flv_000328033

▲PCエンジン版
メガドライブ ヘルファイアー 1面2面.flv_000128328

▲メガドライブ版
尚、「ヘルファイヤー」の真面目なゲームレビューはこちら。(K-HEXさん)

さて、そんな要素が複数合わさった結果、世にも奇妙な「ソフトエロ描写満載のイカれたしたハード」の完成と相成った訳であります。

ここからは何も申しますまい。正規流通ソフトでありながら、余りにもフリーダムなソフトエロ描写の雨あられ、とくと御覧あれ。(※画像は拾い物も混じっております。すみません)

■コズミックファンタジーシリーズ
初期CD-ROM2にありがちな読み込みの遅さゆえ、RPGなのに敵に遭遇する度に20秒近く待たされる超マゾゲーでした。当時のユーザーがそれを乗り越えられたのは、ひとえにサービスシーンの多さでしょう。(画像は3・4作目より)
sayadaisuki.jpg
rimdaisuki.jpeg
20010216015455.jpg
(アニメHシーン)[コズミックファンタジー] サヤ触手にブラを取られる.mpeg_000004904


■雀偵物語2 宇宙探偵ディバン
■雀偵物語3 セイバーエンジェル

ロード時間の長さゆえゲームテンポは劣悪そのものですが、全年齢対象とは思えないほどのはだか乱舞は特筆モノ。
今では到底発売出来ませんね。
muti.jpg

雀偵物語2 宇宙探偵ディバン 完結編 敵女にボコボコにされるシーンなど.flv_000402635

雀偵物語2 宇宙探偵ディバン 完結編 敵女にボコボコにされるシーンなど‐ニコニコ動画(RC2).flv_000664364
zyan11.jpg
zyan7.jpg
zyan12.jpg
zyan13.jpg


■フォーセットアムール
PCエンジン末期に発売された「トップシークレット」「魔界村」に影響を受けたワイヤーアクションゲーム。
ダメージを受けると鎧が剥がれるというギミックがヒゲ面のおっさんからギャルに替わるだけで、これだけ嬉しいものになるとは思いませんでしたね。
ちなみにゲーム性は大味のアクションゲームで特筆すべき部分も無いんですが、それこそがPCエンジン末期の「ギャルさえ出れば何でもオッケー」という姿勢を如実に示しているように思えて仕方ありません。
koruku8.jpg
koruku9.jpg
korukuSC.jpg
korukuGO.jpg


ここでお詫びをば。

今回のエントリーだけでは全然紹介しきれませんでしたので、評判が良ければ第二弾もやりたいと思います。

あと、真面目なPCエンジンユーザーの皆さんには申し訳ない。笑ってスルーして頂ければ幸いです。
2008-02-08 08:05 | カテゴリ:ゲーム
実家の魔窟から「クレイジーホスピタル」が発掘されますた
CRAZY.jpg


今週頭にひいた風邪が治らず、なかなか記事更新が出来ないこのはがゆさ

あー喉痛い

お待たせしている皆さん、すみませんです

2008-02-06 11:56 | カテゴリ:ゲーム
前回の次回予告よりずいぶん間を空けてしまってます。申し訳ない。

といいますのも、PCエンジンの裏ソフトについて紹介しようと思ったのですが、よくよく考えてみると「裏ソフトよりも正規流通品のソフトでのソフトエロ描写の多さ」をスルーする訳にはいかんだろうという結論に至りまして。

そうとなると、そもそもPCエンジンというハードの素晴らしさを語らねばならんという状態になり、実家に戻って魔窟の中からソフトを引っ張り出してプレイしながらシーンキャプチャせねば気が済まないという無限ループに陥ってしまいました。

さすがに非効率的過ぎるので、ようつべやニコニコ動画の転載を混ぜ込んでの記事作成になってしまいますが…

とりあえず、その成果の一部を貼っておきますね。
[TV] 大竹まことのただいま!PCランド 第132回 「スーパーフットボール」 (352x240 26m40s).mpg_000086953
[TV] 大竹まことのただいま!PCランド 第132回 「スーパーフットボール」 (352x240 26m40s).mpg_000094994
[TV] 大竹まことのただいま!PCランド 第132回 「スーパーフットボール」 (352x240 26m40s).mpg_000112011
[TV] 大竹まことのただいま!PCランド 第132回 「スーパーフットボール」 (352x240 26m40s).mpg_000118017
[TV] 大竹まことのただいま!PCランド 第?回 水上バスケットボール編..mpg_000140206
[TV] 大竹まことのただいま!PCランド 第xxx回 トランポリン編.mpg_001158790
mizuki01.jpg
mizuki02.jpg
sayadaisuki.jpg


しかしまあ、この画像群だけ見るとどれが裏ソフトか解りませんなw

どれも正規流通品てのが凄いんですが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。