-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-02-14 23:53 | カテゴリ:ゲーム
さて、前回のエントリーで「大昔のコントロールボックスを発掘し、アーケードゲーム基板に対する情熱が復活したのはいいものの、ハーネスが無いどころか、コントロールボックスに使うカードコネクタは廃盤・基板は魔窟の押入れの奥深く」という「なんにもないなんにもない」はじめ人間ギャートルズの終わりの歌みたいな状態に直面したみぐぞうちゃん。この先どうなってしまうのか!

…という所までお話したのですが、簡単にいうと「終わってる」んですよね。

ラーメン食べるのに箸が無い状態。カレー食べるのにスプーンが無い状態みたいなもんです。ちなみに前述の二例は、わたくしがコンビニで弁当を買った時に本当にヤられました。あれは殺意沸くわ。

どうやって食べたかって?カレーのプラスチック容器の上蓋をスプーン代わりにして食べましたとも。

カレーの話はさておき、わたくしが所持しているコントロールボックスVEGA Jrは、岡田あーみん先生の漫画に出てきそうな「ハッピー商会」という胡散臭さ大爆発な名前の会社から発売されているのですが、
ハッピー商会

胡散臭い会社名のせいなのか、この会社の規格のカードコネクタがとっくの昔に廃盤になってしまっており、どこの基板屋さんにハーネス作成しても断られる始末。ちきしょう、マバンヤ様に言いつけてやる!
マバンヤ様
ハッピー旅行会社


マバンヤ様の話はさておき、そんな苦労話をツイッターで話したところ、先日懐かし横丁オフで知り合いになった猫魔さんより「この前マックジャパンさんのジャンク箱に、VEGA9000本体とVEGA用のハーネスが沢山ありましたよ」との耳寄り情報が。

おお!それは早速確保しなくては!

ところが間髪入れずに基板部メンバー・陽さんより「ごめんなさい。VEGA9000本体4台とハーネス全部、僕が買っちゃいました」とのメッセージが。
233683861.jpg
個人ゲーセンの様相

↑陽さん所有のコントロールボックスの一部。これを4台購入って…

「い…一台だけでもどえらい場所取るのに、何で4台も買っちゃったんですか。」
「いやあ、伊達直人きどりで、恵まれない子供に寄付しようと思いまして。」
「ここにハーネスが無くて苦しんでいるチビッ子(今年40歳)にハーネスを恵んであげて下さい!キザ兄ちゃん!」
「そうしたいのはやまやまなんですけど、帰りの電車の駅ホームで転んで、ハーネス一式が入った紙袋を落としてしまいました。おかげで全部パーです。」

あ、あっぶねえ!伊達直人気取りどころか、原作版のタイガーマスクみたいな最期を遂げかけてたじゃないですか!

あーこれでぼくのVEGA Jrも粗大ゴミ確定だなーと涙目になっていると、mixiで知り合いになった嶋っちょさんから「ハーネスの予備があるので、差し上げましょうか?」とのメッセージが。

これを二つ返事で了承し(本当にありがとうございました)、ハーネスが家に到着後、さっそくゲームを遊ぶべく魔窟と化した部屋の押入れから基板が押し込まれた段ボール箱を発掘する作業にかかる事に。
魔窟
押入れ1

…この部屋全体が押入れと化した状態で、何をどう発掘しろと。

何時間も部屋の中でウンウン唸って辿り着いた結論は「ゲームや本が多すぎるから片付けにならないんだ。」というものでした。なんか何時間も唸った割には「人間がいるから戦争が起きるんだ」アカ教師に洗脳された中学生みたいな極論ですが。

いやしかし、コレクションしっぱなしでもう遊ばないゲームや、どうでもいい雑誌を部屋の中に積んでいるから身動きが取れないのは事実でして。

そんなこんなで大掃除しましたよ。よりにもよって年が明けてからですが。

悩みに悩んだ結果、PC-98とX68kのソフトを中心に売り払う事にしました。といいますのも、MZ-2000、700、X1等の太古のレトロPCソフトは再入手に要する困難度が桁違いと判断したからです。
d_m.jpg
S_m.jpg
c_m.jpg

日本ファルコムが発売した「モンスターハウス」なんか、何年か前のヤフオクで4万円以上で落札されてたんですぜ。私ゃ千円未満で手に入れたってのに。

結局、段ボール箱5箱分のゲームソフト売却、持ってると今後捕まる可能性のある「comic LO」とかの本はバッサリ処分した結果、足の踏み場も無かったわたくしの部屋も寝転べるだけのスペース確保が出来ました。
H_m.jpg
4_m.jpg
↑今回売却したソフトの一部。エロゲーはちょっと勿体無かったかなーとプチ後悔。


さあ、これで押入れの発掘が出来るぞ!

ところが、引越しの際にあれもこれも捨てられた怒りを引きずった半ギレ状態で乱雑にモノを段ボールに詰め込んだおかげで何をどこに入れたかすら把握も出来ず、掘り返しても掘り返しても大量のエロ漫画や今は必要の無いレトロゲーム、ゲーム関係の書籍の山ばかりで基板のキの字すら出てこない始末。

そして押入れの奥底から、見慣れたバカでかい緑色のカートリッジの大群を発見。
cps2タワー


おおおおおおおお!CPS2のソフトの山だ!

ちなみにCPS2は通称「いじわる電池」という物が搭載されており、簡単に言うと「内蔵した電池が切れた瞬間、基板が使用不可になる」という物凄いトラップが仕込まれておりまして、ソフトの発売から軽く15年が経過した現在では、まともに動く事は期待していなかったのですが…
IMG_0490.jpg
DD2.jpg
Rミカ
リリス
虹色町



おおおおおおおおおおおおお

動いたああああああああああああああああ!!!!!!
ちなみに今回発掘した中で壊れてた基板は「麻雀ちゃんねるズームイン」「麻雀大予言」「麻雀プライベート」
イイわあ~

(いずれも起動せず)、と、よりにもよって「ファイナルファイト」。電源入れたら「うわぁー」という、おもしろ断末魔が聞こえた後で画面が全く映らなくなるという大変面白い最期を遂げてくれやがりました。あーあ。



しかし、これらの基板の山は引越しの際に家族に捨てられていた可能性もある訳で。
所帯を持つってのはヤワじゃねえ!翔丸組ぐらいヤワじゃねえ!(何人が解るんだ、このネタ)

そんな悲しい生活をツイッターで吐露したところ、基板部ののすけさんとけいごさんより、大変心の篭ったプレゼントを頂きました。

おおっ、ダイナックスの名作花札「華弥生」!
4枚が限界

残念ながらガチ勝負では4枚脱がすのが限界でしたが。(コンティニューなんてヤワなものは存在しません)

しかし、基板の梱包に今の自分を諌める言葉を書かれていたのには、心がチクリと痛みましたが。
基板買いすぎです

…すみません。一ヶ月に20枚とか基板を買うのは自重します。

さて今回はここまで。
次回は、「中古基板の歴史」について、知っている範囲で語ってみたいと思います。お楽しみにー。
スポンサーサイト
2011-02-09 09:59 | カテゴリ:日記
先ほどipodに落とした往年の名ラジオ番組「電気グルーヴのオールナイトニッポン」を聴きながら車を運転していたところ、同番組の名物コーナー「ギブ&迷惑」のネタ電波を受信しました。


※テキストリンク

このまま忘却の彼方にしてしまうのも惜しいので、ここに垂れ流しておくことにします。番組はとっくの昔に終わっちゃってるしね。

-------------------------
売ります買います。


息子に「たまにはどこか遊びに連れていってよ」とせがまれて、ショッピングセンターを冷やかしにうろついてたガッツ(石松)が、デパート店内にベタベと貼られた日本ユニセフのポスターに、救済対象よりも大写しの写真で映っているアグネス・チャンのアルカイックスマイルに腹を立て、持っていた筆ペンでヒョロリと毛の生えたデカボクロを書き込んだり、前歯を交互にお歯黒にするといった小学生さながらの落書きに夢中になりつつもガッツにしてはクールな笑顔で

「よし、これでワンツーのラッシュは終了だ。お次は最後の仕上げでアッパーカットだ」と、おもむろに言い放って、ポスターのアグネスの目に画鋲を突き立てようとしたところで、他の買い物客の通報で警備員が多数ガッツを捕まえようと押しかける。

「チッチッチッ、俺のアートも有名になったもんだな。おいおい、サインは一列に並ばないと書いてやんねえぞ!」とクールなアーティストを気取ろうとするが、動物に説教は無駄と判断した警備員は制止の言葉より先に小銭を詰めた靴下で殴りにかかり、ガッツのテンプルにクリーンヒットするかと思いきや現役時代のディフェンス技術で靴下の真ん中を綺麗にパリングで弾き返す。

ところが警備員の持っていた靴下がのびのび素材だった為、ガッツのガードした腕を軸にビヨンと伸びた靴下が綺麗なアーチを描いてガッツの後頭部に乾いた音を立ててめり込み、朝食べた「おっとっと」を口から撒き散らしながらきりもみ状に吹っ飛んで、ショッピングセンター食品売り場にピラミッド状に積んであったケンちゃんラーメンに頭から突っ込むシーンをモチーフにしたデジタル時計を集めています。

金に糸目は付けません。どちらか一方でも可。

また、桃缶のシロップだけを主食にしている方、どんどん連絡下さい。

-----------------------

ふう。往年のハガキ職人のような破壊力は出せなかったけど、こんなもんかな。

それはそうと、こんな駄日記のカテゴリは適当でいいやとカテゴリチョイスをしていたら、可愛らしいアスキーアートやら「ひとりごとのようなこと。」「頑張れ自分。」みたいなポエミーなカテゴリがズラズラ並ぶ中に、ぽつりと「ハゲ」というカテゴリがあるのはどういう事なんだ。

面白いから、今回のカテゴリは「ハゲ」ね。
【ジャンル】:日記 【テーマ】:ハゲ
コメント(4) | トラックバック(0)
2011-02-08 21:34 | カテゴリ:日記
皆様大変ごぶさたしておりました。

さて、去年の年末から今に至るまで、新しいエントリーはおろか、コメントレスすらせずにブログを放置し続けていた訳ですが、これには色々事情があったんですよー。

変なアンチのストーカーに粘着されていたとか笑えないエピソードもあったんですが、それよりアレですよ。ツイッターですよ。

それまでは「文字数制限の厳しいツイッターで何をつぶやくってんだ。「仕事中に荷物を持ち上げようとしゃがんだらパンツ破れたなう」とでも書けばいいのか!ケッ、バカらしい!」とパチンコに大負けしてやさぐれたオヤジのような毒づき方は…いや、してないんですが。ちなみにパンツが破れたのは事実です。それも2日前に。

いや、ツイッター面白いですよー。どっぷりハマッてしまいました。そりゃもう、一ヶ月以上もブログを放置するぐらいに。
それまでのブログやSNSとは違った「色んな人との距離感が物凄く近い」という不思議な感覚にどっぷり浸かってしまいました。

元カプコンの神グラフィッカー・あきまん氏や、有限会社フューパックの社長・藤島聡さん、SNKプレイモアのディレクター・松下佳靖さん、ゲームライター・プログラマーの岩崎啓眞さんといった、あこがれの人に直接ツイート出来て、運が良かったらレスがもらえる。これは今まで体験しなかった事なんですよ。

わたくしがツイッターを始めたのが去年の11月頃でして、右も左も解らないド初心者のわたくしは、ツイッターという広大な世界に立ち向かうべく奮闘したのですが、人より遅れてスタートしたツイッターライフ。「フォロワー数ゼロ、ツイート数ひと桁」というわたくしのステータスは、ドラクエに例えるならば、「レベル1・防具:ぬののふく・武器:こんぼう」レベルでして、そんなわたくしをフォローする人などいるはずもなく、ゲーム関係で興味を惹くツイートをしている人をこちらから片っ端からフォローしたのでした。

ちなみにフューパックの社長さん・藤島聡さんは25年以上前の太古のマイコン時代の時に、若干14歳でありながらゲームプログラムを雑誌に投稿していた人でして、わたくしの愛機mz-2000というマイナーパソコンでのゲームライフを大変豊かにしてくれた恩人なのでした。




当時のゲームを何本か動画にしたので、ご本人にお知らせしたところ「若気の至りとは恐ろしいです。恥ずかしくて穴があったら入りたい」とのご返信を頂きました。

それはさておき、そんなフォローした人の中で囁かれる単語「基板部」。それはアーケード基板をこよなく愛するクレイジーな漢たちの集う狂気の部活動なのでした。

そんな人達と仲良くなろうとするわたくしの心境は、差し詰め「西部劇に出てくる丸テーブルを囲んでトランプに興じる荒くれ者がひしめくバーで、カウンターでミルクを注文する流れ者のガンマン」の心境でした。

そりゃもう、例えるなら基板屋さんのセールに午前5時から並ぶ「基板部」の荒くれ者達の中にポツリと紛れ込む新参者のわたくし。

「オウ兄ちゃん、見ないツラだな。ここがどんな場所だか解ってんのか?」
「ここはおめえのような坊ちゃんが来る場所じゃないんだぜ!ガハハハハ!」

そんな荒くれ者を尻目に、店員さんに「セール品のCPS2マザーとマーヴルVSカプコン、それとF3マザーとエレベーターアクション・リターンズを下さい」と注文するわたくし。
そして、そんなビギナー丸出しの注文を聞いて下品にゲタゲタと笑う荒くれ者たち。

「ギャハハハハ!聞いたか~?いまどきCPS2マザーだってよ!帰っておめえのマザーのオッパイでも吸ってた方がいいんじゃねえか!?」
「違えねえ!ガッハハハハハ!!」

…という妄想が頭を駆け巡った訳ですが、実際にはそんな事はなく、純粋にアーケードゲームが大好きな紳士の社交場だったのでした。
そんな彼らの熱気に当てられ、数年前に封印したはずの基板熱が、わたくしの中でメラメラと燃え上がってしまいました。

しかしうちにあるのは、AVケーブルもJAMMAハーネスも無い、薄汚れた大昔のコントロールボックス・VEGA Jrのみ。(パナツインロングとKIC-045は引越しの際に捨てられた)
ベガjr本体

しかもVEGA Jrはカードコネクタがとっくの昔に廃盤になっており、ハーネスの新規作成すらほぼ不可能な状況という。

そしてとどめをさすが如く、家族に廃棄させられかけたゲーム基板の数々は趣味のグッズで溢れる魔窟と化した自室の、さらに押し入れの遥か奥深くに押し込まれており、その発掘作業だけで何週間かかるか全くメドが立たないという体たらく。
魔窟
押入れ1
押入れ2

んーと、この状況を簡単に説明しますと「家の押入れからスーファミ本体は出てきたけど、AVケーブルとACアダプタ・コントローラーが全部捨てられて丸裸の状態。おまけに当時買ったソフトは押入れの遥か奥」みたいな感じでして…


このチェックメイト寸前の状況で、一体なにをどうすればいいんでしょうか。

つづきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。