-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-07-12 16:18 | カテゴリ:パチスロ
7月14日をもってパチスロ機「押忍!番長!」が撤去の運びとなりました。個人的に嫌いな機種でロクな思い出も無いのですが、いざ撤去されるとなると寂しいものですね。
出玉規制のせいで「とにかく展開が荒い、勝てない」印象が強い台でしたが、ゲーム性と演出は練り込まれていただけに勿体無い台でした。
F2007-07-09_204107.m2p_000001477.jpg


通常モード・連チャン準備モードの天井RTゲーム数が共通で1280Gというキツさと、極めて短い放出濃厚ゾーン、ゲーム数解除で約2割・特殊解除で約4割と信じられない位に低いボーナス連チャン率高設定ほど選択されやすい深いRTゲーム数、全てが運に左右される展開の荒さ、出現率の割に大して1G連の期待度の薄い青7と、冷静に考えれば常勝とは無縁の「勝ちにくいギャンブル台」でしたが「吉宗」の爆裂出玉の幻影に踊らされてジャブジャブ現金投資するジャンキーは後をたちませんでしたね。
せめて青7での獲得枚数は711枚固定のツインBBタイプで、1G連の上乗せ有り・JACゲームでの押し順2択全問正解で1G連有りだけでも随分違ったと思うんですが。個人的にはマッハGOGOGO・ボンバーパワフル・大繁盛本舗の方がよっぽど安定して勝てましたよ。
F2007-07-09_204107.m2p_000437543.jpg

F2007-07-09_204107.m2p_000796505.jpg

とは言っても、現状のラインナップでダントツの操作感とゲーム性は他の台とは一線を画しており「誰も打たねえからとっとと消えろ」とホールにも打ち手にも粗大ゴミ扱いされていた「北斗の拳SE」に比べればプレイヤーにも愛され、ホールにも超愛された名機だった事は紛れも無い事実であり、素直にお疲れ様でしたといいたいです。
F2007-07-12_013108.m2p_000003512.jpg

朝イチ3千円でチャンス目解除からの1G連+ショートRTでビッグ7連一撃2700枚。(連ゾーン中のチャンス目解除が単発なのが痛かった)設定不問でこういう展開もたまにあるからジャンキーには堪らないんでしょうね

ようつべのプレミア演出コレクション


さて、ここからはちょっぴり余談になりますが、ワニマガジン社より発行されているパチスロ漫画雑誌「パチスロ王国」「パチスロファイター」は頭痛がするほどひどい内容なので、この場を借りて紹介したいと思います。
この会社のパチスロ雑誌は昔から作家も編集もスロットに関してド素人レベルの間違いが溢れてかえっており、わたくしがスロットを覚え始めた頃にタイムクロスをモチーフにした漫画があったんですが、主人公の主婦が「これからはシビアに目押ししてコインロスを防がなくちゃ」といいつつ原始時代で中段リプテンorベルテン否定形を出してみたり(チェリー・スイカの取りこぼしかボーナス確定。原始ステージはリール制御が切り替わり、子役をこぼさない限りは絶対リプorベルが中段にテンパイする)「なかなか当たらないわねえ」といいつつリプレイが斜めに揃っていたり(タイムクロスのリプレイは中段にしか揃わず、斜めリプレイはボーナス確定)噴飯モノのうんこまんが達がトグロを巻いておりました。
FIGHTER.jpg

そのデタラメさは数年経った今でもバリバリ健在で、オカルト全開・中身ゼロのファミコンロッキーの作者さんもさる事ながら、青年誌を舞台にしていた永田トマト(眞人)せんせいの攻略マンガが物凄い出来なので、あえて紹介したいと思います。
P7120127.jpg

番長イベントで朝イチ600G回して台を捨てる旦那もありえないけど「チャンス目解除かな」という曖昧さがたまりません。ていうかDDTしてないの?

まずはトマトせんせい、朝イチでリセットフェイク状況も判断せず「よし、この台は割と風が健在だぞ」と意味不明の理由で打ち始め、「おおっ!早速来たぜ、青7!」等といいながら赤7が揃っていたり、轟BIGでパンダ出現だけで1G連確定と言ってみたりと、もはやどこから突っ込んでいいかサッパリ解りません。
P7120128.jpg

P7120129.jpg



そもそもゲーム数解除で朝イチ青7は設定据え置き濃厚なのですが…トレビアンに女子高生とか言ってる場合じゃないです永田トマトせんせい
20070712154351.jpeg


立ち回りも知識もデタラメの極みの「パチスロ王国」連載陣ですが、(中村まっひぃ氏・FOX氏・サクライマイコ氏は知識もあるし面白いと思います)唯一褒める点があるとしたらサクライマイコさんの漫画だけはひとコマだけで番長の真理を突いていたのは秀逸でした。
P7120126.jpg


看板機種の大量撤去でホールの財政状況はどこも火の車、出玉性能が天と地ほども違う5号機と全入れ替えというオワットル状況なのに、わたくしの近所のホール全ての平均設定は4.1号機爆裂AT機並という凄まじさ。ちなみにパチンコの釘は2.8円交換で千円5回転~17回転という状況で、殿様商売を止める気配も無いというありさま。
そんな状況に嫌気がさし、めっきりホールに行く機会も無くなったのではっきり言わせてもらいますけど、「ざまあみろボッタホールども。今年いっぱいで更地になれ」という精一杯の祝辞を述べて終わりにしたいと思います。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:パチスロ
コメント(0) | トラックバック(4)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://migzou.blog84.fc2.com/tb.php/100-0e83b6be
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。