-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-07-29 14:40 | カテゴリ:パチスロ
サミーから満を持して発売されたパチスロ機「北斗の拳2G」ですが、新装にわざわざ並んで打った後輩数人に感想を聞いてみたところ、皆揃って苦虫を噛み潰した表情になり、口を揃えて「もう二度と打ちたくありません」と訴えてくれました。
それは是非とも確認しなくてはと思い、近所のホールに車をすっ飛ばして確認したところ、空き台ゼロ・ついでに出玉ゼロという大惨事を目撃してしまいました。

死ぬほど低い機会割・目押しを強要する癖にコインがモリモリ減るRTと、あれだけ叩かれた「北斗の拳SE」がマシに見える程の想像を絶するうんこ台だったみたいで、大量導入したホール様は廃業への決定打をブチ込まれたみたいで誠にお気の毒ですね。荒廃した世紀末を舞台にしたパチスロ機で、現実にパチスロ業界を荒廃した世紀末に叩き込んでしまうのは、さすがにシャレにならないと思いました。

というか、現実に「ヤリスギ店長」が存在するとは思いもよりませんでしたね。(※ヤリスギ店長…パチスロ漫画「アドリブ店長」に出て来る店長。店のキャパや需要も考えず自分の気に入った機種一色に染めてしまうアンポンタン店長)総台数215台のパチスロ専門店で7割以上の台を北斗2Gオンリーにするなど、正気の沙汰とは思えません。余計なお世話ですけど、このホールは年を越せるんでしょうかね。

yari.jpeg.jpg


暴力と恐怖で世を支配しようとするラオウが主人公にする演出に相応しい快進撃で、2ちゃんねるパチスロ板の糞台スレでは登場と共に四天王まで登りつめる始末。暴落が止まらないセガサミーホールディングスの株価を見る限り、どうやら世紀末救世主は現れないみたいですが。

★ちなみに現在の糞台ランキング★
【絶対王者】
 スーパーボム
【四天王】
 GTO、仮面ライダー、北斗2G、俺の名はルパン3世
【異世界からの使者】
 わんぱくパイロット、算数
【落ち武者】
 男塾、餓狼伝説、新日、ガッチャマン、ダンスマン・SHAKE、ディスクアップオルタナティブ  
【殿堂入り仙人】
 ハクション、花盛、大江戸、桃太郎、カツオ、球児 
       

それはさておき、各パチスロ誌も「北斗の拳2G」の出玉性能には一様に口をつぐむ有様で、「リングにかけろ」「シェイク2」「青ドン」「ルパン」「猪木」と無難な人気台のプッシュに余念が無いみたいですが、大人って本当に汚いですね。

それはさておき、マイナー台大好きのわたくしが最近お気に入りの台を見つけました。それが今回紹介する「ドキドキあかずきん」です。5号機ぶっちぎりの糞台「スーパーボム」(通称「皇帝」)を作ったSNKプレイモアより発売されたという事で、どこのホールも敬遠しているらしく、出回りは著しく悪いのが残念ですがしっかり作り込まれた名機ですよ。
20070729141759.jpg


リール自体が意味を成さない5号機が多い中、左リールのチェリー付き「あかずきん」絵柄のスベリから直撃ボーナス・レア子役のマスカット・スベリオレンジ・2枚役(いずれもボーナス重複の可能性アリ)でドキドキ出来る上に、突然リーチ目が出現したりと強演出待ち・スベリ待ちでないバランスは非常によろしいかと思います。
NEC_0110.jpg

200707251256000.jpg

NEC_0119.jpg


演出も嫌味の無いラブコメ風味で、ポップな絵柄とあざとすぎない萌えエッセンスも好印象。主人公の狼「ロイ」ヒロインの「マリー」がどっかで見たような印象を受けますが、恐らく気のせいでしょう。
200707251435000.jpg


200707261419000.jpg


vsavj0000.png

vsavj0001.png

sfz3jr10001.png

20070729141819.jpg


ボーナス中の演出もロイとマリーのデートなのは微笑ましいのですが、マリーの話を全く聞かずに満面の笑顔でカクテルをガブ飲みするロイのバカっぷりや、レギュラーボーナス中はライバルのミッチーとヤケ酒を飲むという細かいこだわりも素晴らしいですね。ロイは相変わらずバカ面でカクテルをガブ飲みしているだけですが。
NEC_0114.jpg


通常時のDDTポイントはチェリー付きの「あかずきん」狙い、リールが滑った場合は打ちで右リール枠上赤7・中リール上段に「あかずきん」をビタでマスカット・スベリオレンジを見抜けます。ボーナス絵柄の組み合わせによる2枚役はこぼした時点でドキドキ目(チャンス目)が出現するのですが、2枚役は出現率・目押し労力の割に見返りがありませんのでこぼしてしまって構わないと思います。


ライバルキャラクター「ミッチー」とのバトル発展など、成立まで2・3ゲームを要する演出は子役重複ボーナスの可能性が高いので設定推測の材料になる直撃ボーナスを看破するには1ゲーム終了演出が鍵になります。赤ずきんマリーとの遭遇・喫茶店での夜背景で左リールが滑った時点で失禁モノですよ。
200707261627000.jpg


200707261245000.jpg



…ここまで内容の素晴らしさを紹介したのですが、ぶっちゃけ設置ホール次第でとんでもない糞台に変貌するので店選びが一番重要です。終日ボーナス回数がヒトケタのようなホールでは実践しないのが一番でしょうね。たとえばウチの近所のホールとか。

さて、こういう面白い台を作るメーカーがある中、5号機特需で意味不明の台を作るメーカーの狂いっぷりは次世代機ブームで凄まじい量のクソゲーで埋まったプレイステーション発売初期を彷彿とさせるほどのカオスぶりで、「算数」だの「せみ」だの知能障害を起こしたかのようなラインナップも強烈ですが「わんぱくパイロット」の悪夢を見ているかのような薄気味の悪いキャラクターの前では全てが霞むと思うのですが、いかがなものでしょうか。

PILOT01.jpeg.jpg

PILOT02.jpeg.jpg


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://migzou.blog84.fc2.com/tb.php/103-2b3fcf9a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。