-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-08-14 21:29 | カテゴリ:ゲーム
今年も毎日暑い日が続いてますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。こうもクソ暑い日が続くとクーラーの効いた喫茶店でのんびり過ごすのが一番と真っ先に考えるわたくしは、どう考えても筋金入りのインドア派ですね。

さて、県民一人あたりの喫茶店の利用回数が日本一多いのは愛知県名古屋市という事らしいのですが、モーニングサービスの豊富さも物凄く、袋菓子や小倉トーストが付くのは当たり前で聞いた話によると茶碗蒸しまで付くお店まであるみたいです。
喫茶店大好きのわたくしとしては、いつか「喫茶マウンテン」に登山してみたいと思っているのですが…

わたくしが子供の頃、親に喫茶店に連れて行ってもらった時の定番メニューはクリームソーダとアツアツの鉄板に乗った溶き卵に乗ったスパゲティでして、それらを貪り食いながら今では絶滅しかけたテーブル筐体でゲームに興じるのが最高の楽しみでした。何ヶ月か周期のゲーム入れ替えで、今日はどんなゲームがプレイ出来るのかと期待に胸を躍らせたものです。

さて、そんな喫茶店王国の名古屋に本社を構える我らがダイナックス社の脱衣麻雀作品群はスコアタイプよりもクレジットベット式のタイトルが多く、喫茶店やゲーム喫茶へのリリースがメインとされていた為にどうしても一般のゲームセンターへの入荷は少なく、ゲームセンターで比較的良く見かけた日本物産社の脱衣麻雀を健全な脱衣麻雀とするならばダイナックス社の脱衣麻雀は日陰者扱いされている印象がありました。

まあ、違法賭博で一世を風靡したロイヤルマージャンの改造ゲームに力を注いでいたのですから当然と言えば当然なのですが。
royal_mj.jpg


そこで今回はロイヤルマージャンのサブボード物として一際異彩を放っていた2タイトル「私はすずめちゃん」「麻雀スタジオ101」を採り上げたいと思います。
「私はすずめちゃん」をゲームセンターで見たのは、某所・某雑居ビルの地下フロアでして、雀荘やエロビデオ屋がひしめくダークな雰囲気の中、明らかに周囲のゲームと違った毒々しいオーラを放っているのが印象的でした。
suzume004.png

suzume.png


プレイヤーがリーチをかけるとコンピューターの手牌がオープンになるのはいいのでが、露骨にプレイヤーの当たり牌を握ったまま放さないのがモロバレになるという間抜けな詐欺師みたいなゲーム内容はどうかと思いました。まあ、ダイナックスのロイヤルマージャンサブ物ではいつもの事なんですが。

薄気味悪い手書きフォントとデモ画面で恍惚の表情を浮かべながらバックスタイルでパンティをずり下ろす「すずめちゃん」の姿はインパクト抜群。また、どの娘も瞳に生気が無いのも相まって場末の売春宿みたいな居たたまれなさだけが印象に残っておりました。
suzume000.png

suzu0007.png

suzu0008.png


そして、その「すずめちゃん」の隣には「華の舞」「アマンドピンキー」と並ぶダイナックスの大問題作「麻雀スタジオ101」が鎮座ましましておりまして、この毒々しいラインナップは悪い意味での昭和のゲーセン風味を余すところ無く発揮しておりました。

「麻雀スタジオ101」の狂いっぷりはインストカードに踊る「スタジオ内で香織ちゃんのとんでもない物語が展開する ウギャ!ワ!ワ!ワ!」というキャッチコピーに全てが集約されている感があり、正直開発者のあたまの中が心配になってしまうほどです。

mjstudio101.jpeg.jpg

majs101b0007.png


プレイ中に手に入る★マークに応じて展開されるハプニングストーリーは…もはや説明不要でしょう。ていうか、よく発売出来たなこれ。
0002.png

majs101b0000.png

0009.png

0019.png

0032.png

0039.png



さて、以前紹介したもう一つの問題作「アマンドピンキー」なんですが、先月に海外のdumperさん・Roberto Frescaさんが解析を行ってエミュレータ上で不完全ながらも動作したみたいです。
が、彼の紹介コメントが面白すぎたので、ここに掲載しておきます。(和訳は超適当です)

>これはダイナックス(1988)からの「麻雀アマンド・ピンキー」です。ゲームは変更されたロイヤルマージャン・ハードウェアと繋がっています。このゲームには余りにも猥褻で過激な画面があり、上のスナップショットは私がここに提供することができる唯一のものです。

>何という恥! 私がそれを起動させた1回目に、私の妻と私の小さい娘に目撃されてしまいました!!
>ゲームのエミュレートは、まだより多くの問題を残している為、適切な動作はしません…。


まさかダイナックスの開発メンバーも、約20年近く経った現在で、海の向こうの平和な家庭を崩壊させかけてしまうとは夢にも思わなかったでしょうね。そんな罪深さを持ったタイトルは10年以上も発売されていないのが残念なところです。
amapin.jpeg.jpg


ダイナックスさんには初心に戻って、昔のような過激ゲームにチャレンジしてみてはどうでしょうか。いや、例によって責任は一切持てませんけれども。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://migzou.blog84.fc2.com/tb.php/106-5ef7d5f1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。