-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-12-24 00:56 | カテゴリ:ゲーム
今から20年以上も前の事ですが、アーケードゲームが今現在とは比較にならない位に輝いていた時期がありました。当時ゲームセンターに行けば、素晴らしいグラフィック・サウンド・ゲーム性の新作が続々入荷して、そのたびにプレイヤーは熱狂したものです。

そして、そんな素晴らしいゲームを何とか家で遊び倒したいというニーズに応えるがのごとく、様々なハードにアーケードゲームの移植が行われました。

しかし、ハード性能の差というのは残酷なもので、基本的に劣化移植は当たり前。本家とは数段劣った内容になるのはおろか、原型を留めない糞移植も数多く発売されたものです。そこで今回は、数多くのハードに移植された中から「神移植」と「糞移植」の代表作を列挙してみることにしました。

当時のゲーム少年達の感じた絶望感を、少しでも感じ取って頂ければ幸いです。


■ギャラガ






ゲームセンターCX #07ナムコ.avi_002649315

ゲームセンターCX #07ナムコ.avi_002626893


あの「ギャラクシアン」をさらに進化させたゲームとして登場したのが、この「ギャラガ」である。
今回の敵は最初から編隊は組まず、画面の両端から飛来する。 この時、いかに多くの敵を倒すかで、その後の展開が変わってくる。
さらに、自機は2機まで合体することができることが今回の特徴。 また、トリッキーな飛行パターンの編隊を全滅させるボーナスステージもある。
前作と見た目が似ていたため、社内でも賛否両論があったらしいが、結果としては大人気のヒットゲームとなった。


■神移植:ファミコン版・MSX版
ギャラガ (J) 200712231925117

流麗な敵編隊の飛行シーン・チャレンジングステージも完全再現という至れり尽くせりの移植はさすがナムコといったところ。
固定画面シューティングゲームの定番タイトルという事もあり、中古カセットの値段がなかなか2千円を割り込まない名作でした。

■糞移植:SG-1000(他)版「セガ・ギャラガ」



明らかに元ゲームへの愛情がカケラも感じられないヘッポコ移植は、ハードスペックがほぼ一緒のMSX版・全てが高クオリティでまとまっているファミコン版(どちらも移植はナムコ)の健闘ぶりとの落差に笑えてしまいます。

その余りの出来の酷さにナムコから「こんな出来でギャラガの名前は付けられないから、お宅の会社名を頭に付けてくれ」と懇願されたらしいのですが、それも納得の出来ですね。

アーケード版のウリである「流麗に飛行する敵編隊」はどこへやら、単色の敵がカクカクヨタヨタと飛行する有様。似せる気のない手抜きサウンドも別の意味で必聴。ビビビビビビビ(自機の爆発音)
ちなみにチャレンジングステージは当然のようにありません。

■ディグダグ





この「ディグダグ」は、 暗い地下を舞台としているにもかかわらず、 可愛らしいキャラクターと、よく練り込まれたゲーム性からヒット作となった、固定画面のコミカルアクションゲーム。
内容は、主人公を操作して地下を掘り進み、画面内の敵を全滅させることが目的。 ポンプで敵をふくらますという発想がとてもユニーク。

敵を破裂させる方法の他にも、岩を使って敵を潰すことができる。 まとめて潰すと高得点。 岩を2つ落とすと、画面中央に「ベジタブルターゲット」と呼ばれる様々なボーナスアイテムが出現する。 歩いているときだけBGMが鳴るという試みはなかなか面白い。



■神移植:ファミコン版・MSX版
ディグダグ (J) [o1] 200712231928035


ソツなくまとまった出来だけに、逆に取り立てて書く事も無いので関係無い雑談でも書いておきます。

先日、寂れたゲームセンターで久し振りに「ショックトルーパーズ・セカンドスカッド」をプレイしたところ中々面白かったので、ネオジオ家庭用ロムカセットを買ってみようかとamazonで検索したところ、中古ロムカセットが14万円オーバーの値段が付いておりました。

誰が買うんだその値段で。

■糞移植:PC-8001版





見た目だけで内容は最悪のPC-8801版もあったのですが、見た目のインパクトを考慮してこっちを。雑誌投稿作品で「リバーパトロール」「スクランブル」等の神移植もあったのですが、市販品でこれはマズいだろう、と。
BEEP音を駆使した奇怪なBGMの中、似ても似つかぬクリーチャーを操作していると、「ゲームって一体何なんだろう」といらぬ悟りを開いてしまいそうな中毒性がありました。

PC-8801無印版の出来のひどさに反省したのか、後ほどSR以降版も発売されましたが、こちらは普通に良移植。アーケードそっくりに地形がギザギザに掘られていくさまは、当時のマイコンユーザーを歓喜に包みました。

…それだけマイコンゲームのアーケード移植作は地雷だらけだったという事なんですけどね。

■ゼビウス


ゲームセンターCX #14 「ファミコンジャンプ」放送局 (CS 640x480 DivX5.02).avi_000699032

ゲームセンターCX #07ナムコ.avi_000151084

ゲームセンターCX #07ナムコ.avi_000217784


もはや説明などいらないのではないかと思うが、アーケードゲーム史の金字塔「ゼビウス」である。 ザッパーで空中攻撃、ブラスターで地上攻撃という二面攻撃を確立させた作品。ボス敵にあたるアンドアジェネシスの存在感も凄かった。

当時のハードウェアは、 お世辞にも表現力が高いとはいえないスペックであったが、 キャラクターをグレー系の配色で統一し、さらに光源を統一するという手法で、美しいグラフィックを描き出すことに成功している。 また、隠れキャラクターのソルやスペシャルフラッグの存在も忘れてはならない。 なお、このゲームは後に「ドルアーガの塔」などを製作する遠藤雅伸氏によるものである。
余談だがこのゲームの世界観を描き出すために「ファードラウト・サーガ」という小説が用意されており、ベーマガの別冊「オールアバウトナムコ」 に粗筋が収録されている。(全編の単行本化もされているようだ。)


■神移植:ファミコン版
ゼビウス (J) 200712231930093

ゼビウス (J) 200712231930380


入手難易度と操作感を考慮すると、やっぱりファミコン版に落ち着きますね。当時のマイコンにも多数移植されましたし、それなりの出来のもの(X1版・MZ-2500版)もあったのですが、どうしても「病床の妻が拙い家事をしている」ような「気の毒でダメ出し出来ない」感が漂うんですよね。ハード性能で無理をしているのが解っているだけに。





容量の都合から削除されたナスカの地上絵や地面に貼りついたアンドアジェネシスは残念ですが、操作感覚やゲーム性は非常に良く出来ており、ファミコン初期のキラータイトルとして大変活躍しておりました。

■糞移植:アタリVCS版



画面を見て頂ければ解ると思いますが、どう見ても「U字磁石を操って、画面を横切る8分音符や数字の「0」を撃つゲーム」にしか見えません。
サウンドはBGM等と言う高尚なものは無く、延々と「ピッ・ピッ・ブッ」という単音のみで構成されており、10分以上遊ぶとこっちの精神に支障を来たしてしまいそうな破壊力を秘めております。

移植するのが無理って解っていながら挑戦したというドンキホーテっぷり以外には敬意を表しますが、それでもこれはないだろう。

■マッピー





1983年にナムコより登場したコミカルアクションゲームの傑作「マッピー」。 ニャームコ屋敷にある盗品を取り戻すため、ねずみの警官マッピーが活躍するという内容。 2方向レバーでニャームコ屋敷を駆け回るが、 基本的に直接攻撃することができないので、扉の開け閉めを使って気絶させたり、一発逆転のパワードアを使って敵をかわしていく。 また、トランポリンで跳ねている間はやられることはない。 ただし、トランポリンの連続使用には制限があるので注意が必要。



■神移植:ファミコン版
マッピー (J) 200712231933482

マッピー (J) 200712231934579

これも取り立てて書く事が無いほど完成された移植なので雑談でお茶を濁します。
1987年頃の中古基板ブームの時に、随分強気な価格で営業していたお店があったんですが、明らかにマッピーを改造した基板の「ドルアーガの塔」を15万円で売っていたのにはびっくりしましたね。
ちなみに同店の「フォゾン」は20万円。
いくら何でも高騰しすぎだろと思っていましたが、案の定誰も買うお人よしはいませんでした。

■糞移植:MZ-700版



基本的にグラフィック機能が無いに等しいマシンなので、どう移植するかというと…テキストキャラクターのみで描かれてしまいました。ニャームコ屋敷内に置かれた盗品も「モナリサ」「テレヒ゛」「マイコン」という文字になってしまう始末。

見た目ほどゲーム内容は破綻していないので、今から買う人も安心ですね。

■まとめ
現在となっては「ファミコン移植=地雷」という公式が成り立ってしまいましたが、初期アーケード移植に関してはハード性能の高さゆえにハイクオリティな移植が多かったのが以外でしたね。

まあ、その「ファミコン移植=地雷」イメージの大半はマイクロニクス社の糞移植っぷりが原因だとは思うのですが。




管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://migzou.blog84.fc2.com/tb.php/139-72a46027
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。