-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-02-19 11:56 | カテゴリ:アニメ
春は別れの季節と申します。
わたくしの働く職場でも人事異動で何人かの仲間との別れがありました。

そんな寂しい時期になると、ふと思い出します。青春時代に体験した悲しい別れを。

毎晩毎晩学校の勉強そっちのけで、深夜ラジオを聴きながら雑誌投稿用のイラストや同人誌の原稿を書きなぐっていた高校時代。
人生のギアをバックに入れ、どんどん取り返しの付かない方向に全力疾走していた青春時代の暴走ぶりを。

さて、そんなダメ高校生ライフをエンジョイしていた1987年に(個人的に)大ショックな出来事がありました。

番組改変期によってマイフェイバリットだった番組が次々と終了してしまったのです。

その数、延べ4タイトル。インターネットもケータイも無い時代に、インドア少年の心の拠り所であるアニメ番組やラジオ番組が立て続けに終了していく絶望感と虚脱感、少しでもわかって頂ければ幸いです。

■赤い光弾ジリオン
「キャプテン翼」「聖闘士星矢」に代表される「やおい」ブームの真っ只中、おもちゃの販促アニメという事で当時は大した注目もされずに開始されたSFアクションアニメ。
生き生きとしたキャラクター描写と熱いストーリーが大変素晴らしく、個人的に5本の指に入る名作アニメです。入江純氏作曲のBGMも大変素晴らしいですね。


放映開始当初はキャラクター設定に「リメイク版ウラシマン」の雰囲気が強く、大して注目もせずに「笑っていいとも!増刊号」とザッピングしながらダラダラ視聴していたのですが、いつしか本作の魅力に気付いてからはどっぷりハマる事となりました。
(アニメ) [DVD] 赤い光弾ジリオン 第17話 「涙!JJをさがせ」(640x480 WMV9 24fps LameVBR).avi_001251084
(アニメ) [DVD] 赤い光弾ジリオン 第16話 「生か死か!?宿命の対決[後編]」(640x480 WMV9 24fps LameVBR).avi_001237445
(アニメ) [DVD] 赤い光弾ジリオン 第31話 「勝利のラストシュート」(640x480 WMV9 24fps LameVBR).avi_000562228

番組中期「激闘編」からの展開は熱いの一言。原作モノじゃないだけに先の展開が読めず、次週の放送がこれほど待ち遠しいアニメもありませんでした。


ちなみにタツノコプロの経営が傾いていた時期に作られたせいもあり、当時の一般的な予算の6割程度しか制作に使えなかったそうで、スタッフが「タツノコ始まって以来の動画枚数制限で思ったように動かせませんでした。おかげで本編中使った鉛筆は一本で済みました」という生々しい暴露話もありました。その割に作画レベルも高く、派手なアクションシーンが多いのはスタッフのセンスと力量の賜物なのでしょう。

■レディレディ!
当時放映していたアニメ版「めぞん一刻」の内容に見切りを付け出していた頃、裏番組を試しに見てみたところ、どっぷりハマってしまったアニメ。おかげで当時録画しただけで見返す事もしなかった「めぞん」を切捨てて「レディレディ!」の録画・再観賞がわたくし的アニメライフの定番となりました。

「キャンディキャンディ」「小公女セーラ」の流れを汲む「逆境に耐える少女の成長アニメ」なんですが、未だにDVDはおろかTVシリーズのビデオすら出ていないという不遇のアニメでもあります。

>(アニメOP)1987_レディレディ!!_OP_「LADY」.mpg_000011911
(アニメOP)1987_レディレディ!!_OP_「LADY」.mpg_000030930


作画レベルもばらつきはあるものの基本的には安定してレベルは高く、コズミックファンタジーで一躍有名になった越智一裕氏(キャラクターデザインも氏によるもの)が作画監督を務めた回は非常にレベルの高いものでした。個人的に氏のキャラクターデザイナーとして最高傑作品だと思いますがどうでしょうか。

意地悪な継母モードリンと連れ子のトーマス、メアリにあの手この手で虐げられまくる主人公リン・ラッセルの健気さは室井深雪(現・深雪さなえ)さんの熱演も相まって大いに感情移入させられました。セーラ・ラッセル役の本多千恵子さんの熱演も良かったなあ。
lady lady 20.flv_000008733

ちなみに18話のセーラはツインテールの髪型と相まって特筆モノの可愛らしさでした。本多千恵子さんの「泣き」演技の上手さが光ります。
lady lady 19.flv_000091767


ちなみにウィバリー一家の底意地の悪さは特筆モノでして、実在するなら本気でブン殴りたいと思えるほどの憎たらしさでした。特にモードリンの糞ババア。亀頭みたいな髪型はちょっぴり笑えましたが。
lady lady 20.flv_000011933

lady lady 19.flv_000256167
lady lady 19.flv_000463700
lady lady 19.flv_000512033


なお、ストーリー自体は極めてヘビーで救いの無い展開が続く事が多く、見終わった後の沈んだ気持ちを切り替える為に「アフターバーナー」のサントラをよく聴いていたものでした。



■今夜はそっとくりぃむレモン
当時大ヒットしていたアダルトアニメ「くりいむレモン」から派生した深夜ラジオ番組。

放送開始当初は「ちょっとエッチなラジオ番組」色が濃かったのですが、放送中期より「媚・妹・BABY」「亜美・AGAIN」のストーリー補完の意味合いが濃くなりました。その内容は「義理の兄を愛してしまったがゆえの苦悩をラジオドラマ形式で語る」といったもので、その哀しくも切ない内容はテーマソングの「優しくて哀しくて」(大西結花のカバー曲)と及川ひとみさんの名演もあり大変出色の出来でした。
kenny g - sounds of silence _ ami iii  ami image.flv_000021481



ちなみに小説版の「旅立ち~亜美・終章」もよく出来ており、こちらもオススメ。…って、とっくに絶版ですけどね。
ami_novel.jpg

番組に投稿されるハガキもリスナーの恋の悩みや人生相談の類いが多く、当時悩み多き少年だったわたくしも、この番組に随分励まされたものです。親に隠れて布団の中でこの番組を聴くのが定番スタイルだったのですが、土曜深夜2時30分という放送時間は正直相当にキツく、寝過ごして聞き逃してしまう事もしばしばでした。
うっかり聞き逃した時の絶望感といったら、もう…
radio_ami_s.jpg


ちなみに満を持してリリースされたシリーズ3作目「亜美III」、何をトチ狂ったか劇場公開までされた「旅立ち~亜美・終章」やそれ以降のグダグダ続編は個人的に無かった事にしたい黒歴史シリーズです。

■古舘伊知郎の赤坂野郎90分
前述の「今夜はそっと…」を聴く為にエアチェックしていた土曜の夜9時頃、偶然にも及川ひとみさんが匿名でレギュラー参加していたラジオ番組。その内容はリスナーとイメクラプレイをするような内容でして、一般リスナーがキョドりながらクサい台詞を吐くのは爆笑モノでしたね。

生放送で「亜美ちゃん」とテレホンセックスもどきをするという危険な内容は、明らかに今では放送不可能必至です。ちなみに何度か電話の向こうでハイパーセルフプレジャーに励んでしまうリスナーも多く、「亜美ちゃん…亜美…ウウッ!…ぼふーぼふー(鼻息)」という不届き者もおりました。

この出演したリスナーも、現在では所帯持ちの可能性もあり、うっかり家族に知られでもしたら家庭崩壊クラスの大惨事になる事必至ですね。
さてさて、いかがだったでしょうか。…と、ここまで記事を書き上げて、気分転換にネット散策をしていると気になる記事が。

くりいむレモン1 帰ってきた亜美
倉田 悠子 著

定価924円(本体880円)
ISBN 978-4-309-01854-6 ● Cコード 0093 ※未刊



「お兄ちゃん、亜美を助けて!」。伝説の美少女アニメ「くりいむレモン」シリーズノベライズ版、衝撃の復活第一弾! 兄と妹との禁断の恋の行方は? オリジナル・イラスト満載!


…20年以上経過した現在にまだ新作をリリースしやがりますか。

以前のエントリーでも紹介したように、どれだけ亜美ちゃんを使い続ける気なんでしょうかね。いい加減にして欲しいものです。

え?…予約しましたよもちろん。当たり前じゃないですか。

世話になった女には義理を返す俺、超カッコいい!

けど、その対象が二次元のエロアニメ。俺、超カッコ悪い!



管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://migzou.blog84.fc2.com/tb.php/154-b7bec495
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。