-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-12-18 22:05 | カテゴリ:ゲーム
今から18年ほど昔ですが、カプコンユウガというメーカーからアーケードゲームで麻雀学園という脱衣麻雀がありました。
突出したグラフィックと美しいサウンド、軽快な操作性が素晴らしいゲームでしたが、大ヒットした一番の要因はHボタン連打で脱衣状態のギャルにイタズラが出来るという、素晴らしいアイデアでした。
mgakuen.png



その完成度と過激さで、純真なゲーム少年からモリモリと百円玉をもぎ取ったものです。かくいうわたくしももぎとられた一人です(ノ∀`)

その大ヒットに触発されて様々なメーカーが脱衣麻雀を製作するという中、別の意味で突出したメーカーが現れました。

それが今回紹介するDYNAX社でございます。(現在は紆余曲折あってテクノトップと社名変更)
この会社が脱衣麻雀を作ったのは1983年「ジャンII」。日本物産と同時期にジャンルを開拓した老舗メーカーで、当時はさほど注目していなかったんですが、このメーカーの大ヒット作・華の舞からそのはっちゃけた内容が知れ渡るようになりました。

麻雀学園がヒットする前は、業界の暗黙の了解として

ぱんつは脱がさない

極度に扇情的なポーズはやめとく

というもので、どのメーカーも常識の範囲内で紳士的にギャルの服を一枚ずつ剥ぎ取っていたものです

ところがDYNAXが華の舞で用意したご褒美シーンは

鹿鳴館風の装いの女性が発情した馬にレイプされる
0004.png


近未来風の装いのアイドル歌手が伴奏ロボットにレイプされる

などなど、まさにやりたい放題

このメーカーのご褒美シーンは他にも

麻雀デリンジャー

麻雀スタジオ101
101_s.jpg


麻雀アマンドピンキー
al.jpg


全てご褒美シーンがレイプシーンという徹底ぶり

スタッフの中にクラウザーさんがいらっしゃったとしか思えません
dmc.jpeg


その過激さが悪趣味な方向にエスカレートし過ぎて後期のドラゴンパンチでは和田ア○子とマ○クタイ○ンの絡みがご褒美シーンという狂いっぷりでファンは完全に離れたのですが、数年の沈黙のあと麻雀ファンタジック・ラブという名作を発売致しました。
2.jpg


これがもう、現実の女の子よりも美しい美麗グラフィックで、瞬く間に新規ファンの獲得に成功しました。
グラフィックだけではなく、MSX2のFM音源に使われたYM2413という時代遅れのチップを駆使した美しい曲、華麗なオブジェクトのアニメーションと、隙のない作りは芸術品の域に達しております。

基板の流通枚数の少なさから中古基板も高値安定で、買って手元に置きたいと思った事も一度や二度ではありませんが、高いものだと新品のPCが一台買えちゃうほどなので現在に至るまで挫折し続けております・゚・(つД`)・゚・  

1.jpg

3.jpg


いつかは彼女たちを手元に置ける事を夢見て、今日も中古基板の価格表とにらめっこする毎日。いつかは成就する日が来るんでしょうか。

もう10年は待ってる気がしますが

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://migzou.blog84.fc2.com/tb.php/24-cff2e238
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。