-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-04-09 02:25 | カテゴリ:日記
最近は公私ともに忙しい日々が続いており、なかなかブログを更新する時間が取れずにおります。
それに比例して、ここのところブログを更新する気力が沸かないというダメダメ状態に陥る始末。

新規エントリーを心待ちにしている方には申し訳ないと思ってはいるのですが…

とりあえず、生存報告みたいなエントリーで恐縮ですが、今回ぜひとも未見の方には見て頂きたいブログがありましたので、今回はそちらを紹介したいと思います。

                「森のげえむ屋さん」
森のげえむ屋さん


牧歌的なイラストに惹かれて読み進めていくと、これは「ワンダープロジェクトJ」「同J2」の総監督、「七つ風の島物語」のゲームデザインとコーディネイト担当された米田喬さんこと平野文鳥さんがテクノスジャパンに在籍されていた頃を元に綴られたお話でした。

※なお、平野文鳥さんのホームページはこちらで、ブログはこちらになります。

実話を元にした童話風小説という事で個々のエピソードは脚色されている部分もあると思うのですが、それを差し引いても非常に面白くてホロリとくる内容で、グラフィッカーとして入社した平野さんが企画マンとして手がけられた「ザ・ビッグプロレスリング」の開発秘話は、是非とも皆様に見て欲しいと思いました。
bigprowr0001.png
bigprowr0002.png
bigprowr0003.png

ヒットゲームに恵まれず経営難に陥っていたテクノスジャパンを、一躍格闘ゲームのトップメーカーにまで登りつめらせた名作ゲームも、開発途中はその斬新さを受け入れられずに開発頓挫になりかけた事や、開発バージョンを視察に来て好き放題に批評したデータイーストの社長にショルダータックルをぶちかましたという仰天エピソードや、そのデコの開発部長から「作品を創るときは、冷静に厳しく批評出来る「もう一人の自分」を持っておく」という「心底プレイヤーの事を考えた創作姿勢」のアドバイスなど、非常にためになる話が散りばめられており、一読者として大変に感銘を受けました。

ちなみに秋葉原のトライタワーには、平野さんの手がけられた「ザ・ビッグプロレスリング」と、平野さんがヒットを見抜けなかったおかげで大きなビジネスチャンスを逃してしまった対戦格闘ゲームの傑作「空手道」オレンジ色の駄菓子屋筐体に仲良く隣同士で鎮座していますので、近郊の方は是非とも現物を見てみてください。
空手道
ビッグプロレスリング

平野さんはギブロ時代に、先ほどタイトルだけ触れた「ワンダープロジェクトJ」「同J2」「七つ風の島物語」の開発に関わられており、これらのタイトルは「感動出来る非常に良質なゲームでありながら、発売時期や発売したハードなどの諸事情でいまいちヒットしなかった」ゲームでして、こういった「隠れた名作ゲーム」の素晴らしさを多くの方に伝えられればなあ、と思うので、今後は出来る範囲でそういったゲームのレビューを自分なりにやっていこうと思います。
ワンダープロジェクトJ2 さわやか実況プレイ Part1.flv_000790133
ワンダープロジェクトJ2 さわやか実況プレイ Part1.flv_001163799
[セガサターン] 七ツ風の島物語 その3 第1章.flv_000362367

ちょっとまとまりのない文章になってしまいましたが、近況まじりに報告してみたエントリーでした。
【ジャンル】:ゲーム 【テーマ】:日記・雑記
コメント(10) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://migzou.blog84.fc2.com/tb.php/242-814d8e4f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。