-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-04-29 01:40 | カテゴリ:ゲーム
皆様しばらくのごぶさたでした。

拙ブログにお付き合いして頂いている方は薄々感じているとは思いますが、わたくしはどうも「突然何かに憑かれたように一つの物事にハマッては、興味が薄れてしばらく放置する」のが癖でして、今回はエントリーのネタになりそうでならなかった画像を中心にお蔵だししてみたいと思います。

わたくしの節操のない趣味は、時としてレトロパソコンだったり脱衣麻雀だったりレトロゲーセン巡りだったりパチスロだったりと、節操が無い割に主にインドア方向に集約しているのが泣けてきますね。

では、はじまりはじまりー。

■パチスロ機「キャッツアイ」(5号機)
キャッツ壱確目
▲オレンジ7確定目
キャッツ二確目
▲カードリプ重複確定目

「ルパン」「猪木」「ヤッターマン」と、立て続けにやらかした原作レイプのうんこポリゴン路線を見限った平和の作った神パチスロ機。
常勝とは無縁のギャンブル機ですが、グラフィック・サウンド共に物凄いハイクオリティでして、設定状況はうんこなのに台の音量がでかいという理由だけでボッタ店に通いつめてしまいました。けど、7揃いの音が最高に気持ちいいんだよなあ…


個人的にアニメ版DVD-BOXを買ったほどの「キャッツアイ」信者のわたくし、大変遅ればせながら本機にメチャクチャハマッてしまいました。アニメ版でやらなかったラストエピソードのシーンは本気で泣けますよ。ボッタ店で全ツッパした時の財布の中身にも泣けてきますが。

え?「エヴァンゲリオン・約束の時」でコツコツ稼ぐスタンスはどうなったのかって?
ミサトさんぶい
泪姉ハァハァ

ミサトさんより泪姉さんの方が好みなんですよ。それ以上の理由がありますか?

■MZ-700の所有ゲームカセットの一部
メーカー純正品の趣き深いパッケージを中心に撮ってみました。
「ウォーク・ワン」は「そこらにウンコを撒き散らすバカ犬の糞処理をしながら彼女の家を目指す」という牧歌的・なおかつバカテイスト満開のゲームでして、当時のパソコンゲームが相当にフリーダムな状態を体言していて素敵ですね。
mz-700ゲームカセット

ちなみにこの「ウォーク・ワン」の開発・販売は「サンダーフォース」でおなじみのテクノソフト。

■幻のアーケード脱衣麻雀「国士無双」
「アダルトクイズ・イヴ」「麻雀倶楽部」(エグゼクスのやつじゃないですよ)とか良くわからない脱衣ゲームを発売し続けたセントラルレジャーシステム作の脱衣麻雀。

ちなみに名前だけは有名な「アダルトクイズ・イヴ」の特徴としては「設問が全てエロ問題」という思い切りの良さと、その割に画面に出るギャルのグラフィックがPC-6001の「ミユキTHE勝負師」レベルの朴訥さというギャップの激しさが大変印象的な作品です。

どうでもいい事ですが、この説明で日本中の何人が解るのかと思うとアレですが、上級者向けブログですもの。いいじゃないですか。(まだ根に持ってるな)

入手には相当な苦労を強いられ、しかもハーネスは独自マトリックスという超曲者基板。
国士無双1
国士無双2

ちなみに「麻雀倶楽部」はf3ed56さんが動画を投稿しておりました。

どうやら開発はテクモ、しかもサウンド担当はメタルユーキ氏らしいです。

■レトロゲーセン巡り
人生に煮詰まると都会のレトロゲーム設置店に失踪するという癖を持つわたくし、ふらっと出かけてはテーブル筐体に背中を丸めて没頭するという事が去年から何度からありました。

しかし気持ちが癒されるのはいいのですが、基本的に一人旅という事もありプレイし終わった時の静寂感に、より気持ちを落ち込ませてしまうのが欠点ですが。F1000037.jpg
F1000039.jpg
F1000038.jpg

ちなみに以下は某所で撮った大変怪しいスナップ。

ありえない暴言を吐く「餓狼伝説スペシャル」の舞さんや、
舞ちゃんどうしちゃったんすか

プリティセーラー嘘インスト

今では到底発売出来ない過激さを誇る「プリティセーラー18禁」の、大嘘インストカードが大変ドス黒い気持ちにさせてくれますね。

こういう悪ふざけ、わたくし大好きです。

とりあえず今回はこんなところですが、いかがだったでしょうか。
またネタが溜まり次第にこういうエントリーもやっていこうと思いますので、よろしくです。




管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://migzou.blog84.fc2.com/tb.php/246-ef86c71c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。