-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-06-23 22:44 | カテゴリ:日記
ごぶさたしています。皆さん御元気でしょうか。


わたくしはあんまり元気じゃありません。


といいますのも、住み慣れたボロアパートを引き払って実家に引っ越す事になったのはいいのですが、その実家が「はじめ人間ギャートルズ」のエンディングテーマよろしく「何にもない何にもない」状態でして。

もっと詳しく言いますと「ゲームもねえ、ネットもねえ、エッチなビデオも見れるわきゃねえ」という、「おらこんな家いやだ」のデビュー当時の吉幾三も裸足で逃げ出す修行僧のような生活を強いられているのですから。




はい、そこで問題。

Q.六畳のキャパシティいっぱいに趣味のアイテムを詰め込んだ二部屋分を、どうにかして一部屋に納め、なおかつ居住出来るスペースを作りなさい。(5点)
フツ

正解は…皆さんも薄々感じていると思いますが、

無理

なんですよ。


部屋の惨状
部屋の惨状2
部屋の惨状3

とりあえず所蔵の漫画本という漫画本は全て廃棄・壊れた時のストックとして所蔵していたジャンクのゲーム機も廃棄というやけっぱちジェノサイト作戦によって、ある程度のスペースは確保しましたが、後々子供が大きくなる事を考慮すると破綻は目に見えているんですな。

こりゃ、庭にプレハブを建てるのしか無いのかも…

とりあえず今回のエントリーは、そういった悲しい悲しい引越し作業の合間に出てきたアイテムを紹介してみる事にするのです。

■スーパーリアル麻雀PIIIの豆本
豆本

本来は「スーパーリアル麻雀PIII」の基板を新品で購入した業者さん専用のアイテムだったのですが、存在を知ったユーザーからの「欲しい欲しい」というファンコールに応えて、アニメビデオかサントラの購入特典として配布された一品。

…ええ、もちろんわたくしもその一人でしたとも。

単品で買うのは恥ずかしいからって、「源平討魔伝」の攻略ビデオとわざわざセットで注文しましたとも。

はじめまして

どうでもいいけど、あのアニメ、作画レベルも内容も物凄い出来だったなあ。

え?もちろん、悪い意味でですよ。

■勝手に移植されたゲームあれこれ
パチゲー

主にアジア方面で発売された「勝手に移植」ゲームあれこれ。
元のゲームからは及びも付かない適当移植ばかりで、遊べるタイトルは1割にも満たないのが正直なところですが、駄菓子屋の軒先で遊んだコピーゲームや、当時のマイコンに無断移植されたモドキゲームに慣れ親しんだ世代のわたくしにとっては、妙に琴線に触れるものがあるんですよね。

わたくしが世間一般受けするゲームに対して妙に食指が動かないというおかしな価値観も持ち主なのは、主にこのへんに理由があるように思えてなりません。

■ゲーム関連の書籍もろもろ
ベストゲーム
資料本

今回の引越しで危うく嫁に捨てられそうになったところを危機一髪でサルベージした本の一部。こういった資料性の高い書籍は、まとめて本棚に入れておかないと痛むわ無くすわ散逸するわでロクな事が無いんですよね。
全ページスキャンしてデジタルデータとして保存するのもアリなんでしょうが、サルベージするのに何年かかるかと思うとゾッとしますね。

■ジェネシスCD-XとジェネシスNOMAD
NOMAD.jpg
CDX.jpg


ジェネシスNOMADは、メガドライブ本体を携帯向けにした日本未発売のゲーム機。日本国内のゲームカートリッジはそのままプレイ出来ず、メガキー等のコンバータカートリッジを途中に噛ませないと全く遊ぶ事が出来ません。

おまけに本体重量とバッテリー持ちの悪さは特筆モノでして、ロールプレイングゲームやシミュレーションゲームをうっかりプレイしてしまうと、常にバッテリー切れの恐怖と戦うハメになったりします。

メガドライブでまともに遊べるロールプレイングゲームが数えるほどしか無いとか、そういう悲しい事実はとりあえず置いておきまして。
CD-Xは当時のメガドライバー垂涎のアイテム・メガドライブ本体とMEGA-CD(厳密には海外版なのでジェネシスとSEGA-CDなのですが。)がコンパクトに纏まった一品。

これさえあれば以下のソフトも遊びたい放題なのですよ。

現在SEGA-CDのソフトの入手は死ぬほど困難とか、

そもそもメガCDのソフトで遊ぶに足りうるゲームがどれだけあるんだっていうこれまた悲しい事実は置いておきまして。


■SEGA-CD版「スナッチャー」(日本未発売)
PC-8801版のオープニング曲「TWILIGHT OF NEO KOBE CITY」も名曲ですが、PCエンジン版の「ONE NIGHT IN NEO KOBE CITY 」は更に上を行く名曲。
PCエンジン版には無かったビジュアルシーン追加は嬉しいのですが、海外版のギリアンは声質が軽すぎるのがちょっとなあ…渋さとコミカルさを兼ね備えた屋良有作さんの演技には勝てなかったか。



■「ハート・オブ・ジ・エイリアン」(日本未発売)

「アウターワールド」のエンディングで死んだまま何のフォローも無く荼毘にふされるという前作の主人公・レスター教授に代わって、ヤマシタさん(仮名)が主人公になるという物凄い設定がナイスだったりする「アウターワールド」の続編。

「アウターワールド」は3DO版が出たってのに、何で続編が3DOで出なかったんだ。やっぱりアレか。本体が大コケしたからか。

■「 エターナルチャンピオンズ~武士道・悪道~」(日本未発売)

※グロ注意!

前作はメガドライブで発売されましたが、電源オンと同時にグシャグシャに粉砕される「SEGA」ロゴと、ステージ背景のネオンに浮かび上がる「黒い蘭の花」という意味不明な文字ぐらいしか印象に残りませんでしたが、SEGA-CD版の「悪道」は、当時のコンシューマーゲームに於いて比類なき残虐描写を誇る生粋のゴアゲー。

しかし、セガハードで売り出された対戦格闘は「タイムキラーズ」(日本未発売)といい、パワーアップユニット「スーパー32X」の未来にいきなり暗雲を垂れ込めさせたローンチタイトル「サイバーブロール」といい、何で体バラバラ血飛沫ズビャーの路線に走りたがったのでしょうか。



さてさて、お引越しの荷物片付けの合間を縫って現実逃避の一環としてお送りした本エントリーでしたが、いかがだったでしょうか。

それでは、就寝の時間も迫ってまいりましたので、また修行僧の生活に戻る事に致します。ナマステ。



管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://migzou.blog84.fc2.com/tb.php/252-3da1184e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。