-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-01-01 18:36 | カテゴリ:パチスロ
今より時を遡る事15年前の1994年。

メジャーハード街道を驀進中のスーパーファミコンを尻目に、1987年に発売されたゲーム機・PCエンジンは、時代に取り残されつつあるハードスペックをCD-ROM2・スーパーCD-ROM2といった拡張機器でのドーピングによって1990年代前半までは無理やりスーパーファミコンに並ぶだけのスペックを捻り出しておりましたが、どれだけ高性能でも8ビット機。そろそろ性能的にも限界が見え隠れしだしておりました。

そこでPCエンジンが取った活路は「妖怪道中記」「麻雀学園」といった「他ハードに比べて、比較的エロ規制が緩い」という状況に活路を見い出して独自の進化を遂げた訳ですが、こうやって当時のソフトの画面写真を見てみると、その「独自の進化」の凄まじさが理解して頂けると思いますがいかがでしょうか。
PCE_fullwmv_000228928.jpg
PCE_fullwmv_000611644.jpg
PCE_fullwmv_001350050.jpg
PCE_fullwmv_001368268.jpg


そんなギャルゲーハード絶頂期の時代に、コナミからぽつりと新作ソフトの発表がされました。そのゲームの名前は「ときめきメモリアル」。
電撃PCE誌での紹介1
電撃PCE誌での紹介2

「スナッチャー」「悪魔城ドラキュラX・血の輪廻」といった神ゲーを多々リリースしていたトップメーカーから突如発売されたギャルゲーに、数少ない硬派なPCエンジンユーザーの落胆を誘いました。

「ああ…とうとうコナミもギャルゲー路線の波には逆らえなかったか。」と。

まあ、ゲーム内容は神ゲーでありながら、新規追加キャラのエプロンドレスの金髪幼女が最強キャラという「悪魔城ドラキュラX・血の輪廻」から、その兆候は見えていた訳なのですが。
【TAS】 PCE 悪魔城ドラキュラX 血の輪廻_000299480
【TAS】 PCE 悪魔城ドラキュラX 血の輪廻_001755649
【TAS】 PCE 悪魔城ドラキュラX 血の輪廻001500697

開発中の扱いや初期販売本数を見る限り、さしたる期待もされずに発売された「ときめきメモリアル」でしたが、「天外魔境II」のメインプログラマやゲームライターの岩崎啓真氏が「電撃PCエンジン」誌のレビューでベタ褒めした事と、それを信じて購入・プレイしたユーザーから「これヤバい。超ハマる」とパソコン通信で大変話題となり、大ヒットを果たしました。

そんな中、わたくしも当時中古ショップを何件もハシゴしては新品も中古も入手出来ずにガックリと肩を落として帰るという日々を送っていたのですが、ある日大阪・日本橋のソフマップに中古が入荷していたので速攻ゲット。

当時のPCエンジンソフトの中古価格としては異例の4980円という高値に少々ビビりながらも入手した喜びに打ち震えながら、しばらく「ときメモ」にドップリ漬かった生活を送る事となったのでした。
ときメモウオッチ
ときメモ電卓

そのハマりぶりは今思えば相当に重症で、コナミ直営のゲーセンにあるUFOキャッチャーで「ときメモ電卓」や「ときメモウォッチ」「ときメモマグカップ」といった、マグカップはさておき実用性に著しい問題のあるポンコツプライズ品に乏しい給料の大半を注ぎ込んだのはおろか、同人誌もしこたま買い込むほどでした。ちなみに発禁処分を喰らった「ときめきALBUM」は3冊持ってます。今でも。
競泳用の水着ってさあ
トモダチだけど女の子
バケダヌキさん、漫画家辞めちゃったのかなあ…大ファンだったのに…

さて、そんな痛い思い出から15年。あの初代「ときメモ」が帰って来ました!ただしパチスロとして。

大ブームを起こしたゲームの15周年記念作品なのにパチスロ、何故か設置ホールが驚くほど少ない、パチスロ「キン肉マン」「2027セカンド」みたいなARTメインの荒波台、というヘレンケラーばりの三重苦には…何かこう、15年前に一世を風靡したトップアイドルグループがボッタクリキャバクラで再デビューを果たしたような複雑な気持ちを抱きますが、ときめいていた当時を思い出して先日打って参りました。

まずは予備知識も無いままに打ち出した感想は「うん、KPE筐体特有の操作性の悪さも無いし、液晶も綺麗。通常時に目押しの必要も無いし、初心者でも安心の内容だね。ART機の割にコイン持ちも千円30ゲーム前後で悪くないじゃん」といったもの。そうこうしつつ投資四千円で緑7ボーナス確定。

館林美晴たんとのウキウキ下校演出で完全デレ状態の美晴たんを堪能しつつボーナス消化していると…
デート失敗1
デート失敗2

獲得枚数35枚。何これ。

わたくし何かやっちゃってボーナスをパンクさせたのかと超キョドりつつ回していると、なけなしのメダルを飲まれかけで今度は詩織たんボーナス。またも下校演出でデートの誘い失敗。そして35枚ゲッツ。
詩織・したり顔

どうでもいいんですが、デートの誘いを断る詩織の表情が、どこか薄笑いをうかべているように見えるのはわたくしの被害妄想でしょうか。

…いや待てよ。「元祖ハネスロ」や「甘ぴかっ」みたいに獲得枚数少ない代わりにポコポコボーナス引けるタイプの「遊べるパチスロ」か。と自分を無理やり理解して再度打ち出したところ、今度は突然の200ハ超えマリで追加投資の嵐に。

ここで不安がピーク状態になったわたくしはケータイで解析サイトを見たところ結論は「純増1.2枚のARTにブチ込まないと勝てません」との事。
純増詐欺

そのARTにはどうやってブチ込むかと言うと「同色のボーナスを連続して引き続ける」か「落し物演出でターゲットのキャラクターを選択し平均滞在10ゲーム程度)その間に選択したキャラクターと同色のボーナスを引く」「画面がピンクに染まるむらむらきらきら高確(平均滞在10ゲーム程度)の間にボーナスを引く」
むらむら高確

確率約1800/1のプレミアビッグを引くか、確率約1100/1のフリーズBG(ボーナスゲーム)を引く」「ART無しのボーナスを何度も引き続けて救済措置の天井ARTを発動させる」というもの。

うん、どの条件もムチャクチャ過ぎますね。

つまり、以下の写真のように「落し物演出で選択後、運よくすぐにボーナスを引いても選択したキャラクター以外のボーナスならばARTは無し」という物凄く惨い事態が待っている訳でして。
詩織・クリスマス
▲右上に注目。虹野さんを選んでいるのに詩織ボーナスを引いたという事は、待望のARTは無し確定という超寒い展開が待っている訳でして。

詩織・クリスマス2
詩織・クリスマス3
詩織・クリスマス4

そして待望のARTにブチ込んでも、ARTの終了条件はボーナス成立。今度は合算約89/1のBG(ボーナス)が邪魔をする。ART発動待機中にボーナス成立でARTが発動しないまま終了という最悪の事態も割と発生します。(ART継続は最高88%、最低5%。つまりART継続率のモードが低い状態だとほぼ単発になる訳です。)
ご褒美画像・コアラ
ヘルメッ娘・ご褒美画像
デート終了
あっさりデート終了
これだけの無茶な条件をクリアしてせっかくARTに突入しても、獲得枚数が100枚ぽっちという悲惨な事態もちょくちょく発生する訳です。

そんな無茶ブリ状態のスペックに軽く眩暈を覚えつつプレイを継続していると…今度は演出のカオスさが物凄く気になりだしました。

メインキャラクター扱いなのは藤崎詩織・虹野沙希・館林美晴の三名。
詩織
虹野・スロ版
館林・スロ版

朝比奈・片桐ファンのわたくしとしては少々腑に落ちない部分はあるものの、まだ許せます。

けれども、上記の三人以外は完全に空気扱いでして、廊下でぶつかる演出は首から下は完全に使い回し。
清川
朝比奈さん
美樹原


子役ナビ演出にちょっと出ておしまい。ほとんど大当たりに関与しません。むしろ、ありとあらゆる場面で難癖をつけてくる不良ども=出た時点でボーナス確定という狂いっぷり。
不良確定
不良いい奴すぎ


街に突如出現した巨大メカコアラを倒す為に巨大ロボットを出動させる紐緒さん演出も、校舎から「うるせ~!」と飛び出して来る不良が出てボーナス確定とか、サブヒロインが不良より空気扱いというのは開いた口が塞がりませんでした。
メカコアラ出現
メカコアラ出現2
不良闖入

ボンクラ主人公7
ボンクラ主人公8
ボンクラ主人公9

また、肝心の主人公も本作では「パラメーターを何一つ鍛えてないボンクラ学生」状態がデフォルトのようでして、体育の授業で跳び箱をやらせれば豪快にズッコケるし、幼馴染の詩織から「今日はとってもいい天気だね」と話しかけられると「天気がいいと人が多くてウンザリするよ」とありえない返事をするコミュニケーション不全ぶりもさる事ながら、
ボンクラ主人公2
ボンクラ主人公3
ボンクラ主人公4
ボンクラ主人公5
ボンクラ主人公6

授業イベントで先生に「ここに来てこの問題を解け」と指された途端に凄まじいキョドり方をした挙句に「わかりません」とひらがなで書く始末。回答を書けっつってんだろ。感想を書くな。

とまあ、先日から身銭を切ってプレイした感想としては「設定差や変更を見抜くポイント無し」「安定性ゼロの大バクチ台」「時間や労力に見合う日当の出る台じゃない」という結論に達しました。

…さんざん負けた帰路の途中で、ふと思い出しました。

この苦い気分は初めてPCエンジン版「ときメモ」をプレイした時に味わった気がします。


当時予備知識無しでPCエンジン版を初プレイしたわたくしは、「本命以外の女の子と一緒に下校したりデートに誘うようなチャラ男みたいな事出来るか」と、意中の女の子以外の誘いをガン無視。パラメーターに凄まじい数の爆弾を表示させたのでした。

増殖しまくる爆弾を放置して三年間。卒業式で待っていたのは、以下のような光景でした。
ときめきメモリアル 女の子に告白する完全版flv_000172039
ときめきメモリアル 女の子に告白する完全版flv_000086053
ときめきメモリアル 女の子に告白する完全版flv_000118051
ときめきメモリアル 女の子に告白する完全版flv_000142543
ときめきメモリアル 女の子に告白する完全版flv_000101034

ときめきメモリアル 女の子に告白する完全版flv_000197564


嗚呼嗚呼ああああああああああああああああああああああ

痛い痛い

心が痛い

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://migzou.blog84.fc2.com/tb.php/286-fd173b8b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。