-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-03-21 01:53 | カテゴリ:日記
先日、余りにも笑えない金額を出して購入したネオジオソフト4本ですが、すでに購入したソフトも併せて空いた時間を見つけては黙々とプレイする日々が続いております。64ビットのゲーム機が主流の現代に、16ビットのゲーム機を本気でプレイする後ろ向き感。ああたまんねえ。

特に「幕末浪漫第二幕 月華の剣士 ~月に咲く華 散りゆく花~」は、当時スーパーのゲームコーナーで初めてプレイした時にサムスピシリーズに比べて「等身が上がってフットワークモーションが地味になった」「斬激音が穏やかになった」「キャラクターが小さくなった」せいで「迫力不足の地味ゲー」という印象を抱き、大してプレイもしないまま別のゲームに入れ替えられた印象が強かったんですが、今こうやって家でプレイし直してみると「静けさの演出と叙情的な世界観」がたまりませんねー。

ボタン一つで発動出来る「弾き」もストIIIシリーズの「ブロッキング」に比べて敷居が低いし、丁寧に作られた良作だと思うんですよ。

一作目はネオジオロムで購入したものの、大してやり込みもせずに飽きた印象が強かったんですが、こうやって月日が経つとゲームの印象というのは変わるものです。

ちなみに話はちょっと横道に逸れますが、先日家族旅行で熊本と福岡に温泉旅行に行ってきたんですよ。車で片道7時間かけて。
ところがどちらも余りにも辺鄙な場所過ぎて、温泉と夕食以外の楽しみは、ぶっちゃけゼロ。凄まじくヒマを持て余す始末。

おかげでニンテンドーDSの「メタルスラッグ7」のコンバットスクールばかりを黙々とプレイしておりました。ええ、女教官を口説き落とす為です。他に理由がありますか?
メタルスラッグ7 プロモーション映像.flv_000076643

昔は「メタルスラッグ」の前時代的なゲームシステムが個人的に嫌いでして、「ガンフォース」「ジオストーム」からの「ゲームの難易度に対して操作性が追いついてなくて、嫌。何でライフ制やスライディングのシステムが無いんだよ。」とか思っていて「メタルスラッグ」よりも「ガンスターヒーローズ」派だったのですが、こうやって黙々とコンバットスクールモードを家庭でやっていると「パターン構築の面白さ」が非常に沁みる訳でして。

ゲーム暦はそこそこ長いわたくしですが、審美眼をもっと養わなくちゃなあと自省する日々でございます。

さて、話は「月華2」に戻りますが、先ほどまでネオジオでプレイしているとなんか違和感が。

最終ラウンドで特定技でのフィニッシュを決めると、相手の体が真っ二つになるんですね。
月華2_0014
月華2_0015
月華2_0016
月華2_0017

…ええと、わたくしが当時スーパーのゲームコーナーでプレイした時は、こんな現象無かったんですが。

多分、子供たちと家族連れがメインの客層という事で、ソフトディップスイッチの設定で残虐表現をマイルドにしてたと推察するのですが。
そういえば、「ダンシングアイ」もご褒美シーンの視点変更が出来なかった気がします。余計な事をしやがって。畜生め。

その時の恨みを晴らさんとばかりに、本日は黙々と惨殺フィニッシュばかりにこだわったプレイをしていたところ、高嶺響さんの様子がなんかおかしくなってきてるんですけど。

最初の頃は惨殺フィニッシュした後に「取り乱して泣きじゃくる」という状態だったのが
響勝利0128
響勝利0129

全ての対戦相手に惨殺フィニッシュを決めまくると、どんどん響さんの心が壊れ始める始末。勝利メッセージにそのさまが如実に現れておりますが、これ、プレイしていて身震いしました。
響勝利0003
響勝利0005
響勝利0027
響勝利0041
響勝利0138

普通にプレイしてエンディングまで行くと、「父の敵である刹那には逢えなかったものの、今までの孤独な旅とは決別し、友人・天野飄と新たな旅に出る」という心温まるエンディングなのですが、
響エンディング0049
響エンディング0050
響エンディング0051
響エンディング0052
響エンディング0053
響エンディング0054
響エンディング0055
響エンディング0056

惨殺フィニッシュで心が完全に壊れた状態でエンディングを迎えると…
響さん…0145
響さん…0146

うわあああああああああああ

怖い怖い怖い


この時代のSNKの対戦格闘って、特定条件をクリアしないと問答無用でバッドエンドとか余計なフィーチャーが混入しだしていた時期だったと思うんですが、これには正直背筋が凍りました。

刹那でクリアすると世界が崩壊したという暗喩として「一つの物語が終わった 一つの時代が終わった」というエンディングメッセージが表示されないという部分も含めて、この「月華2」は物凄く緻密に作りこんでいたんだなあと今更ながらに感嘆するのですが。 

2D格闘ゲームが下火になった現在は無理かも知れませんが、この「月華」そして「餓狼MOW」の続編を出して欲しいと今更ながらに切望する今日この頃…


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://migzou.blog84.fc2.com/tb.php/308-2c855b40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。