-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-08-29 21:48 | カテゴリ:パチスロ
大変ごぶさたしておりました。

連日続くケタ違いの猛暑の続く毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
わたくしはここのところ完全に夏バテしており、仕事帰りに何かをする気力も沸かずにウーロン茶をガブガブ飲んで朦朧としている状態です。

ちなみに先日は、朝飲みかけで車内に置いていたアイスコーヒーを昼に飲もうとした瞬間、車内の暑さで熱燗レベルにまで達しており、唇をヤケドしそうになりました。

いやはや、いつまで続くんだろう、この暑さ…

さて、先日のエントリーでお伝えしたのですが、ここ最近のわたくしはゲームも買わずにパチスロ三昧という大変ダメな大人と化している訳ですが、メイン機種に据えようとした「怪盗天使ツインエンジェル2」が、最近ものの見事に低設定の据え置きだらけになってしまい、見切りを付けてしまいました。

これじゃメーカーが謳っている「スイートスペック」どころか「ハバネロスペック」ですもの。辛い辛い。

いくらクルミたんの黒ぱんちゅが魅力的だからといって、これでは愛を注げません。
クルミ黒パン

そこで今回は、以前より気になっていたパチスロ機「ゴルゴ13」「恐怖新聞・第二章」を打ってきましたので、そのレビューなどをチラホラと。

どちらも設置店が死ぬほど少なくて探すのに大変苦労しましたが、まずはゴルゴ13から。

■ゴルゴ13


コイン持ちが死ぬほど悪いとか、ARTが1セット13ゲームとかいうふざけた仕様だとか、演出をあれこれ盛り込み過ぎて破綻寸前だとか、ありがちな難点はありますが、頻発するショートフリーズの効果音「デーン」の余りの中毒性に全てを許せるバカ台。そんな感じでした。

※参考までに。ゴルゴスレのテンプレ↓
426 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/08/02(月) 13:30:01 ID:SWU7FqO+
初当たりまでに16kもかかってしまいなんとか一撃1500枚出たのでまたハマる前に撤退。
これ今日ホントに初日だよね?ってくらい人いない。現在俺がやめて九台中稼働三台w
とりあえずひどかった。このひどさにはさすがに店が可哀想に感じるレベル。
まずうるさすぎてヤバい。デーン!ギュギュイーン!バシードグシャアゴルゴサーティーンこれでハイワロ。

期待できるレベルはデーン!ギュギュイーン!ドグシャア!デーン!バキキーン!シャキーン!デーン!あの男に連絡だ!くらい。
しかも種無しのチェリーでもプラムでもWinランプ点滅。これがすごい。Winランプなんか点滅したら確定と思うだろ。チラパトがガセるみたいなもんだろ。
ビッグ中7揃えろ!の時も、左止めただけでWinピカピカ。でも当然揃うわけもなし。
ちょっと革命的ですね、このWinランプピカピカは。まあ愛すべきクソ台ってとこだな…また打っちゃうんだろうな…

429 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/08/02(月) 14:18:12 ID:TdI+A9hF
俺は今日「デーン!ギュギュイーン!バシードグシャアゴルゴサーティーン」これでハイワロ。
「デーン!ギュギュイーン!ドグシャア!デーン!バキキーン!シャキーン!デーン!あの男に連絡だ!」からビッグ。

その後「デーン!ギュギュイーン!バキキーン!シャキーン!デーン」だったんで期待してたら
「デーン!ギュギュイーン!デーン!ギュイギュイギュイーーーン!デーデデーン!バシードグアッシャ!」
ってなって「デーン!ギュギュイーン!デーン!」でがっくり。
最後は「デーン!ギュギュイーン!デーン!デーーーンギュッギュイーン!デーン!バッシャーン!」
「ガッキーン!デーン!グアッシャーン!デデデギュイーン!」で昇天でした。
でもまた打っちゃうんだろうな…
---------------------------(テンプレここまで)

…ええと、何書いてるんだかさっぱり解らないと思いますが、本当にこんな台です。


あ、あとコールガールがゴルゴを逆ナンする演出は神。

ミッドナイトエンジェル
ミッドナイトエンジェル (1)
ミッドナイトエンジェル (2)
ミッドナイトエンジェル (3)
ミッドナイトエンジェル (4)

「あなたみたいなタイプは初めてよ~ッ」「ああーッ!モ、モンスタァーーーッ!」という脇目も振らないエロボイスぶりには、さすがに打ってて股間がムズムズした。

■恐怖新聞・第二章
公式PVの余りのクルクルパーぶりに一目惚れした本作。実は実戦が凄く楽しみでした。車で一時間かけて設置店まで来た甲斐があるってもんです。


コイン投入した途端に悪霊の声で「フッフッフッフッ…」と笑い声がするのが雰囲気出してますね。凄く嫌な雰囲気が。

平日の昼間という時間帯に加えてボッタクリが酷過ぎてスロットのシマにわたくしを含めたお客さんが10人もいないという店内の閑散ぶりが、本作の嫌な雰囲気を更に盛り上げているような気がしてなりません。

さて、通常プレイ中の液晶画面は人気の無い深夜の街中を主人公・鬼形礼くんが沈痛な面持ちでウロウロし、時々パトカーや救急車や人魂が通過しては驚いたり、無人の公衆電話からのイタ電を受けては驚くという、一人恐怖体験ツアーと化している有様。
恐怖新聞2:通常演出・鬼形くんウロウロ
恐怖新聞2:通常演出・人影
恐怖新聞2:通常演出・イタ電


美少女三人が学園内をキャッキャウフフとダベりながらお菓子を食べるような「ツインエンジェル2」
スク水

と真逆のドス黒さに、本機を開発したアリストクラートスタッフの「恐怖新聞」に対する愛情の深さに改めて驚くばかりです。もうやだこんな台。時々レバー叩いた瞬間に「許さない…」「呪ってやる…」とか台が喋るし。

ていうか、前作も割の低さと恐怖感を煽る演出だらけで、一部の熱狂的なファンを掴んだ以外にガン無視された不遇台だったのに、何で続編を作っちゃったんだろうと考えると不思議でなりません。

だって、前作の基本的な演出は布団で寝ている鬼形くんが部屋の襖をガラピシャ開けられては「早く寝なさい!」「まだ起きてるのか!」とか色んな人(主に両親)に睡眠を邪魔されては、突然「うっううーん…うわぁーーー!!」白目を剥いて死んだらボーナス確定とかいうクレイジーっぷりなんですぜ。マジキチとしかいいようが無い。
死んだらボーナス1
死んだらボーナス2


さて、そんな前作譲りの「恐怖新聞2」の陰鬱な演出群の中で一服の清涼剤とも言えるのが、連続演出の「自転車」。
鬼形くんうっとり
楽しい自転車

クラスメートとサイクリングに出かける演出なのですが、嬉しいんだか不安なんだか様々な感情がない交ぜになった鬼形くんの表情が大変趣き深いですね。

わたくし、この演出になった瞬間、不覚にもホールで爆笑してしまいました。

ちなみに期待度はゼロに近い演出ですので、ほとんどの場合鬼形くんはこの後トラックに轢き殺されます。TOYOTOとか書かれた名誉毀損ギリギリの社名が入ったトラックに。
TOYOTOトラック恐るべし



そうやって鬼形くんの様々な災難を堪能しているうちに軍資金はどんどん吸い込まれておりますので、ここで何かボーナスを引かないとそろそろヤバい事になってしまうと思っていた矢先に、クラスメートの除霊演出。
これ前作でもあったな。

どんどん家を焼こうぜ!

この味わい深いクラスメートのツラ。こいつ悪霊のせいで放火癖があるんだよな。チャージマン研!に毒された今となっては「どんどん家を焼こうぜ!」という狂ったセリフが脳内でリフレインされて困るんだが。


原作では除霊を行うのはカネに汚いインチキ霊媒師でして、適当な除霊をやって取り返しの付かない事態にするという大変心温まるエピソードでしてパチスロ版も原作を忠実に再現しており、基本的には大失敗なのですが今回は何故か除霊成功。
インチキ霊媒師

ところがこの演出成功で引いたボーナスが獲得枚数が53枚。まさに53(ゴミ)ボーナス。
ふてくされてボーナス消化中に、突然のフリーズ演出。
フリーズ
除霊失敗
唯一のバー揃い

フリーズ中にズラズラ表示される縁起でもない文言…ここまで嬉しくない演出のフリーズは初めてでした。

そして獲得枚数に表示される鬼形くん…
鬼形くんボロボロ

ママン、この子死んでるよ!

さよなら鬼形くん
さよなら鬼形くん2

そして待望のARTは…何と無限ART!次回ボーナスまでどんどん恐怖新聞を配達しまくれるぜ!
さすがに低設定らしく、無限中に全くボーナスが引けずに一撃1000枚近くまでメダルを増やす事に成功!爽快感ゼロだけどな。
無限配達タイム

鬼形くんイイ笑顔


とりあえず、「ゴルゴ13」で負った負債を取り返す事に成功して、数百円の勝ちで帰路につく事の出来た実戦レポート、いかがだったでしょうか。

ていうか、今こうやって記事をしたためている現在ですら、ゴルゴの「デーン!」と鬼形くんの「助けてくれぇーーーっ!」が耳から離れないんですが。

今度は精神衛生にもうちょっとマシな台を打ちに行こうと思いました。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://migzou.blog84.fc2.com/tb.php/327-e2674aab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。