-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-09-18 12:18 | カテゴリ:ゲーム
はいはいお待たせ致しました、回答編でございます。
前回のエントリーで出したクイズの余りにも歪みねぇリアクションの少なさに、少々やさぐれているのですが、仕方ないね。

…すみません。先ほどまでガチムチ系の動画を1時間に渡ってノンストップで視聴していたもので、ちょっぴり洗脳されちゃってました。

まあケツドラムの事はさておき、解説を加えながら正解を発表していきますです。

■Q1.狂った忍者ゲームでおなじみのADK社の前身と言えばアルファ電子ですが、そのアルファ電子が発売した「エクイテス」。
実はあるアニメの曲の主題化がアレンジして使用されています。もちろん無許可。そのアニメのタイトルを答えなさい。


これは「1.聖戦士ダンバイン」が正解。比較として動画を上げておきますね。


しかし、こうやってイントロを聞き比べてみるとそっくりにも程がありますね。つか、やっぱMIOさんの歌唱力ハンパねぇ。


■Q2.「戦場の狼」「ゼビウス」(他にもあるかも)のコピー基板対策としてゲーム中に盛り込まれたフィーチャーを答えなさい。

これは正解は「 2.地形に社名が隠されている」でした。
地形にナムコロゴ
地形にロゴ・戦場の狼


ゼビウスは「一面のスタート地点の地面右端をブラスターで爆撃すると隠しメッセージが出る」というフィーチャーと並んで割とメジャーなものだと思ってたんですが、結構難しかったようで。

しかも「戦場の狼」に於いては「2周目最終ステージにしか表示されない」という念の要りよう。
あの激ムズゲームをあそこまで進めるプレイヤー自体が極少数だってのに。ニコニコ動画にもクリア動画が挙がっていますが、1周クリアで終わっているし、2周ループのゲームだって事自体があんまり知られていないのかも。

ちなみに25年ぐらい前の話ですが、某プロ野球の選手が雑誌のインタビューで「僕はゲーム得意ですよー。戦場の狼ってゲームで100万点出しましたから」と答えてましたが、それは永久パターンを使っただけだろうと当時のわたくし(中一)は突っ込まざるを得ませんでした。

■Q3.版権無視でコピー品やモドキ品を乱発した意味伝説のガチャガチャメーカー「コスモス」社。そのコスモス社がコナミの「スクランブル」をコピーした時のゲームのタイトルを答えなさい。

これは正解は「3.フライトレイン」。
youtubeに動画がありました。
↓コナミのスクランブル


↓フライトレイン


…何というか、コピー改変のセンスの無さが泥臭くて最高ですね。ちなみにインストカードはもっと顕著に差が出てます。
ゲームインストカード スクランブル
フライトレイン・インスト


オリジナルのスタイリッシュさと比べて、物凄くインチキ臭い。地上物が何を表現してんだか全然判断出来ない。

コスモスのカオスぶりについてはワッキー貝山さんのホームページに、これでもかという位にコスモスの怪しい魅力について膨大なガチャガチャ景品と共に語られておりますので、是非とも見てみて下さいな。

■Q4.LAX社が発売したディクダグのコピーゲーム「ニュージグザグ」。ファイガーに相当する敵キャラの名前を答えなさい。
ジグザグ
ニュージグザグ

これは「4.ブォーブォー」が正解。ちなみにわたくし、「ニュージグザグ」「ジグザグ」は基板を持っているくせに「ディグダグ」の純正基板を持ってません。どんだけパチモン好きなんだ。


■Q5.後にファミコン版が大ヒットした「スーパーチャイニーズ」シリーズの前身、日本ゲーム社が開発した「チャイニーズヒーロー」。操作デバイスは4方向レバーと使用ボタンはいくつ?

これ、正解は2.の「4つ」が正解なんですよ。 時代を考えるとテーブル筐体のコンパネにみっちりボタンが生えているさまは相当に異質でした。菱形にボタン配列してたし。二人同時プレイが窮屈で窮屈で。


■Q6.日本物産の名作「クレイジークライマー」のモドキゲームとして有名なのはタイトーの「ロッククライマー」ですが、あるゲーム基板の改造で出来ています。そのゲームのタイトルは?

正解は 「3.ムーンクレスタ」でした。他社の基板を元にモドキゲームを作る無法っぷりが時代を感じさせますね。

■Q7.実はデータイーストもクレイジークライマーのモドキゲームを作っていました。そのゲームのタイトルは?

正解は「1.ザ・タワー」でした。
基板大好き・高井商会編.mp4_000292592
基板大好き・高井商会編.mp4_000299132
基板大好き・高井商会編.mp4_000314347

赤いボディコンを身にまとった金髪ギャルを操作してビルを登り、面クリア時にはパンチラが拝めるという変なアレンジは、バーチャルペットの始祖と言うべき海外ゲー「リトルコンピューターピープル」をファミコンやPC-8801に移植された時に主人公の冴えないおっさんををギャルや幼女に変更した日本らしいアレンジと言えばいいんでしょうか。

いやしかし、「ザ・タワー」。以前より存在は知っていたのですが、まさかニコニコに動画があるとは思わなかった。おにたまさん最高だ!そしてこんなレアゲーを国会図書館レベルで収納している高井商会さんはもっと最高だ!


■Q8.ユニバーサル社の名作「Mr.Do」。ゲーム中出現して見事ゲットすると1クレジットサービスのアイテム、ダイヤモンド。コピー基板でどういう効果になったでしょうか?

これ正解は何とびっくり「99クレジットアップ」。おかげで一度ダイヤモンドを入手すると実質半日はフリープレイ状態になる為、近所のスーパーの軒先にある駄菓子屋アップライト筐体は常にわたくしを含む悪ガキどもで一杯だったのに、一日のインカムは50円という惨状に店主さんは頭を抱えた事でしょう。ごめんなさい。

■Q9.テクノン工業の「ドラキュラハンター」。倒産のきっかけになった次作のタイトルは?

正解は1.の「トロピカルダイブ」。
といいつつも現物は見た事ありませんが。
ひっかけで設問した「インディアンハンター」に誰もひっかからなくて悔しい。タイトーが1980年に「インディアンバトル」というゲームを発売したり、コナミの「バッドランズ」で豪快にインディアンを射殺したりという、今となっては色々と問題のありそうな描写がありましたが、チャージマン研!でのインディアンの扱いが一番ひどいと思うんだ。問答無用で射殺して、ケタケタ笑うんだぜ。


■Q10.パクリ大国の韓国産コピーゲーム「タートルシップ」。サイドアームズのコピー基板で有名ですが、大胆にも日本のゲームのボスキャラがそのまま流用されています。そのボスとは?

これは2.の「R-TYPE」のゴマンダーです。当時ゲーメストに掲載された投稿ハガキで一気にブレイクした感がありましたね。
R-TYPE 2周目.flv_000255625
横ゴマ

同じ横シューティングなのにギミックも何も工夫せずにキャラクターをパクッて一丁あがりという韓国らしい仕上がりに驚きです。
ていうか、元祖ゴマンダーのデザイナーが女性というのに一番びっくりしましたが。

さてさて、回答編いかがだったでしょうか。

しかし、出題編よりも回答編が4倍以上手間がかかるとは、計算違いにも程がありました。とほほー。
【ジャンル】:ゲーム 【テーマ】:▼ゲームの話
コメント(9) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://migzou.blog84.fc2.com/tb.php/331-d40f3794
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。