-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-03-02 00:13 | カテゴリ:ゲーム
先日MAME公式ページをチェックしたところ、0.112で新規対応したゲームの中にどこかで見た単語がありました。
「Lady Master of Kungfu」

おおおっ、わたくしが中学生の頃に一度だけプレイした「レディーマスター」が対応とは!
プレイしたのが一度きりというのも、一週間後には他のゲームに入れ替えされていたからなんですよ。
lady.png


ド田舎在住のわたくしがゲームセンターでゲームする為には、自転車で片道一時間半かかる隣の市まで行かなければなりませんでした。

学校が半ドンで終わると同時に友達を誘って往復50kmのチャリンコツーリング。往復400円の汽車賃を浮かせてゲーム代に回すという涙ぐましい青春時代の思い出が今でも鮮明に蘇ります。

よく通っていたのはデパートのゲームコーナーで、魔界村・スパルタンⅩ・グラディウスをプレイしていたんですが、そこから2kmほど離れた所にタイトー直営店のゲームセンターがあり、そこではタイトーのヘンテコなマイナーゲームが目白押しで個人的にお気に入りの店でした。
※「「カンキックキッド」侍日本一」「ゆけゆけ山口くん」「陸海空」「大怪獣の逆襲」など、タイトー販売・他社開発のゲームは比較的変なセンスゲームが多かったですね。
その後も数年間通いつめて「トップランディング」「サイバリオン」の音楽を録音したくてラジカセ担いで筐体に貼り付いたのも覚えていますね。

前置きが長くなりましたが、そのゲーセンでプレイした「レディーマスター」。
ゲーメスト1986年号のタイトー特集で「レディーをしゃがませるとパンチラになるなど楽しいゲーム」と書かれただけあって、タイトル画面からゲーム中に至るまでパンチラの嵐。
p01.jpeg

p02.jpeg

p03.jpeg

p04.jpeg



プロトタイプの「ヌンチャクン」は随分初期の頃からMAME対応してたんですが主人公がもっさいアホ面の悟空もどきだった為、落胆したものです。
nunchakun.png

これじゃ売れんわ

ゲームそのものはスパルタンⅩから面白い部分の8割を取り去ったような普通のクソゲーでしたが、流通枚数が少なかったのか中古基板もほとんど出回らず幻の基板でした。

ちなみに件のゲーセンの便所に何故かレディーマスターのインストカードが画鋲で止められていたんですが、今考えても謎でした。

今考えると、何故持ち帰らなかったのかと後悔しきりですが

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://migzou.blog84.fc2.com/tb.php/57-46612926
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。