-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-04-03 00:14 | カテゴリ:アニメ
本日もぼんやりとネット散策をしていると、「ドリームハンター麗夢 DVD-BOX2」が発売決定というニュースを知りました。相変わらずな自分のオタクアンテナの錆び付きっぷりには嫌気がさしました。
慌ててDVD-BOX1の発売日を確認してみると発売は2006年11月22日。「こんなマイナーアニメのDVD-BOX1の在庫が今さら残っている訳ないじゃん」と思い、鴨居にロープを掛ける準備をしようかと思っていた矢先、amazonに在庫がある事を確認。ついでにヤフオクにも何品か出品されている事を知り、とりあえず一命を取り留める事に成功した今日この頃ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。

しかしまあ、「幻夢戦記レダ」のDVDを買い逃してプレミア価格になって手が出せなくなった後悔を再び味わう羽目にならなくて何よりでした。80年代OVAは突然変なプレミアが付くので困りますね。

レダ


「ドリームハンター麗夢」というアニメは10年もの長きにわたってメディアミックス展開される程ファンに愛されたアニメであり、「聖美神女学園の妖夢」のベータテープがヤフオクで9万円スタート、「惨夢、甦る死神博士」が6万円スタートと豪快なプレミアが付くのでも有名な作品です。(正直、DVD-BOXが発売された今となっては買う人もそんなにいないと思うのですが)
rem_review_s.jpg

名著「オタク・アミーゴース!」より抜粋

本作はオカルト・ホラー・美少女・微エロ・メカ・アクションの要素が程よくミックスされた快作で、ある意味80年代を代表するOVAの一つだと思っております。この作品のファンのほぼ全員が知っている事だとは思いますが、元はマイナーメーカーのエロアニメが真のシリーズ一作目であり、「18禁版麗夢」は発売メーカーが倒産した事もあって入手難易度は激高。もちろんDVD-BOXに収録されるはずもなく今でもオークションに出品されればかなりの高値が付く事が推察されます。

20070402233444.jpg


えっちシーンを改変して発売された一般バージョンにはない「とんだ眠り姫ね」という名台詞や、麗夢のまんちょビームを見たいという気持ちは解るのですが、エロアニメとしての実用性は皆無だと思うので過度の期待は禁物だと個人的には思うのですが。
20070402231636.jpg

「ああんっ…はああんっ…」

20070402231700.jpg

「とんだ眠り姫ね」

コロコロと丸っこい美少女とを描く事と豪快なエフェクトでスピード感溢れるアクションシーンの作画で当時注目されていた毛利和昭氏が初めてキャラクターデザインをした作品である事や、「麗夢」以降に毛利氏キャラクターデザインで18禁作品を手がけた事が無い事からプレミア的価値が生まれた事は十分理解出来るんですけどね。

20070402231713.jpg

後期シリーズで廃止になった透け乳首アーマー、復活しないかなあ
20070402231722.jpg


20070402231736.jpg



ちなみにわたくしが18禁版「麗夢」を入手したのは、大阪のとある小さなレンタルビデオショップでした。(かれこれ18年前になりますが)
そこでは「麗夢」の他に「直子のトロピック・エンジェル」「竹取物語」「内山亜紀のミルク飲み人形」が置いてあり、店長さんに「これレンタルお願いします」と言ったところ「ごめんねー、それらはレンタル出来ないんだわ」と強烈なお返事を頂きました。
がっくり肩を落としたわたくしに店長さんは「けど、君見る目あるねー。良ければ個人的にダビングしてあげるけど、どう?」と同好の士を見る目付きで問いかけて下さいました。

勿論、断る理由などありませんので店長さんと熱いバロムクロスを交わしたのちにダビングして貰ったんですが、あの店長さんは今どこで何をしているのでしょうか。

野田聖子議員の餌食になっていなければいいんですが。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://migzou.blog84.fc2.com/tb.php/72-bce8d347
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。